経営情報学部 先端経営学科

デジタルビジネス専攻

IT経営コース

経営シミュレーションで戦略センスを磨く

経営プランナーを目指す
プランナー/ITモデラー/プロジェクトマネージャ

デジタルビジネス専攻へ戻る

コースの特徴

  • IT経営コース
  • IT経営コース
  • IT経営コース

時代が求める「経営が抱える問題を
ITを利活用して解決できる人材」を育成

IT経営コースは、これからますます必要となる「経営とITの融合」といったデジタルビジネス時代が必要とする人材の育成を目標とします。
企業が抱えるさまざまな経営課題を解決するために、経営とICTの発展がもたらしたIoTとビッグデータに代表される情報技術の融合を正しく理解することが大切です。デジタルビジネス、デジタルマーケティング、経営戦略、情報システム概論、プロジェクトマネジメントなど実践的な手法を理論とともに学びます。
ITの知識は就職活動においても強力な武器になります。企業はライバルに先んじるためにIT導入・活用に必死になっており、優れたIT知識を経営に結び付けるデジタルビジネスのマインドを備えた若い力を求めています。その勢いはまだまだ続きます。

先行き不透明な現代ビジネスを
さまざまな角度からアプローチ

このコースを特徴づける科目は次の通りです。
「デジタルビジネス入門」では、インターネットの普及がもたらしたIoTとビッグデータの活用を経営に活かす仕組みと事例を学びます。「経営戦略論」では企業が経営戦略を立案し、それを反映した情報戦略を策定するまでの主要なプロセスを、理論と事例の両面から学びます。「情報システム学概論Ⅰ・Ⅱ」ではITの高度利活用が企業間競争の優劣決定にいかに深くかかわっているか、実際の企業のケースを題材に、その重要性を理解します。「流通システム論」では、流通産業の役割や機能を踏まえ、今後の業態変化や高度化を支える革新技術を多面的に学習します。「SCM」はサプライチェーンマネジメントの略で、消費者ニーズが多様化する中で効率的に商品供給する仕組みを研究します。そのほかにも「BIとビッグデータ」、「デジタルマーケティング」等が設置されています。

ITで切り開くあなたの未来

目指すのは新スタイルのビジネスパーソンです。
IoTとビッグデータを活用した多角的な企業経営の分析を基にITの導入と実行を計画するプランナー、企業におけるデジタルビジネスを推進するIT活用をわかりやすく形式化=モデル化して提案するプランナー(ITモデラー)、特定のプロジェクトに向けてスタッフ召集から制作・進行管理・納品まで指揮するプロジェクトマネージャを養成します。いずれもこの先のデジタルビジネスの開拓に「真に求められる」重要な役割を持った存在です。

価値創造者としての高度IT人材 価値創造者としての高度IT人材

経済産業省は近年、「IT新改革戦略」などを掲げ、日本の企業が世界を先導する存在にしようとしています。あわせて、それをリードする人材について「単なるITの使い手としてのみならず、価値創造者としての高度IT人材」でなければならないと述べています。
これはまさに本学が育成する人材であり、キミたちの未来であるといえます。

価値創造者としての高度IT人材

明神 知 教授 IT経営コース

先生よりひと言!

実践的な学びで
プロフェッショナルなスキルを養います

IT経営コース
明神 知 教授

経団連は「デジタルビジネス・イノベーションセンター」を発足させ、情報技術の革新を経営に取り込める人材を育てる取組みを始めました。
一方、本学は開学以来「経営とITの融合」について実践的な教育と研究を続けてきました。
その伝統を引き継ぐとともに、IT経営コースではデジタル技術の本質を理解してビジネスに変革をもたらすビジネスイノベーターを育成します。また、お客様の心に触れるサービス、感動を生む体験を提供する製品作りのために、デザイナーの思考を取り入れた人間中心の「サービスデザイン思考」を実践から学び、地域や企業の具体的な問題解決に応用します。デジタルビジネスは新しい未知の領域への挑戦でもあります。好奇心旺盛でチャレンジ精神あるあなたと一緒に学びましょう。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ