経営情報学部 先端経営学科

経営情報学部 先端経営学科

経営情報学部 先端経営学科

デジタルビジネス専攻

IT経営コース

経営シミュレーションで戦略センスを磨く

経営プランナーを目指す
プランナー/ITモデラー/プロジェクトマネージャ

デジタルビジネス専攻へ戻る

コースの特徴

  • IT経営コース
  • IT経営コース
  • IT経営コース

社会を変革する「デジタル革命」の時代に
大きな役割を果たす人材を育成

これからますます顕在化する「デジタル革命」という時代のニーズに合った人材の育成を目標とするコースです。企業が抱えるさまざまな問題を、ITを駆使し解決できるように、デザイン思考、デジタルビジネス、BI(ビジネスインテリジェンス)とビッグデータといった最新技法の実践とともに、経営戦略、経営管理、プロジェクトマネジメント、経営シミュレーション演習など実践的な手法を理論とともに学びます。IT知識は就職活動の段階においても強力な武器になります。企業はライバルに先んじるためにIT導入・活用に躍起になっており、優れたIT知識・活用力とビジネスマインドを備えた若い力を欲しています。その勢いはまだまだ続きます。

デジタル革命がもたらす新たなビジネス
モデルをさまざまな角度から探求する

このコースを特徴づける科目は次の通りです。
「デジタルビジネス入門」ではすべてのモノが繋がる「デジタル革命」時代のビジネスが従来とは全く違う新しいビジネスモデルを新しいITが担っていることを最新の事例で学びます。「情報システム学概論Ⅰ・Ⅱ」ではITの高度利活用が企業間競争の優劣決定にいかに深くかかわっているか、実際の企業のケースを題材に、その重要性を理解します。「デジタルマーケティング」では、「デジタル革命」の主戦場であるマーケティングの分野で今何が起こっているのか、それによって従来のビジネスがどのように変わって行くのか、最新事例から読み解きます。「Webビジネス論」ではネットビジネスの現状と技術動向から、その課題と方向性を探求します。「BIとビッグデータ」では、ビッグデータがもたらすビジネスインパクトとその活用法について学部横断で取組みます。

デジタル革命を担う力を磨く

目指すのはデジタルビジネス時代のビジネスイノベーターです。顧客への共感から洞察を得て顧客価値を提供するサービスデザイナー、多角的な企業経営分析を基にITの導入と実行を計画するビジネスモデラー、企業におけるIT活用をわかりやすく形式化=モデル化して提案するシステムモデラー、特定のプロジェクトに向けてスタッフ召集から制作・進行管理・納品まで指揮するプロジェクトマネージャを養成します。いずれもデジタル革命時代に「真に求められる」重要な役割を持った存在です。

価値創造者としての高度IT人材 価値創造者としての高度IT人材

経済産業省は近年、「IT新改革戦略」などを掲げ、日本の企業が世界を先導する存在にしようとしています。あわせて、それをリードする人材について「単なるITの使い手としてのみならず、価値創造者としての高度IT人材」でなければならないと述べています。
これはまさに本学が育成する人材であり、キミたちの未来であるといえます。

価値創造者としての高度IT人材

向原 強 教授

先生よりひと言!

ITを活用する経営の能力を
コアコンピタンスとして
活躍してください。

IT経営コース
向原 強 教授

今、世の中は、情報があふれています。みなさんもわからない言葉をスマホやPCで『ググる』ことしますよね? 知りたいことは大抵探し出せますが、それが本当に正しい情報か判断するのは難しく、正しい情報だったとして、ググった人がその意味を正しく理解できなければ正しい情報を得たことになりません。企業も同じです。多種多様なデータの中から、経営に役立つ情報を抽出し、それを役立つ情報であるとわかりやすく経営者に提示する必要があります。
これを実現するのが情報システムです。情報システムはコンピュータやプログラムだけではなく、どのような情報システムを作るとよいか?どう活用すべきか? わかりやすく説得力ある情報にするにはどうするか? を考える人材つまり経営者や管理者、現場担当者が必要です。IT経営コースは、そうした人材、経営のプロフェッショナルを育成します。企業は、自社だけが持つ核となる能力をいかに活用するかが重要となります。この能力をコアコンピタンスといいます。皆さんはITを活用する経営プロフェッショナルの能力をコアコンピタンスとして、世界で羽ばたいてほしいと思います。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ