情報メディア学部 情報メディア学科

メディアデザイン専攻

3DCGコース

ビジュアルを通じてアイデアを表現するクリエイターへ

3DCGクリエイターを目指す
3DCGクリエイター/3DCGデザイナー/CGアニメーター

メディアデザイン専攻へ戻る

コースの特徴

  • 3DCGコース
  • 3DCGコース
  • 3DCGコース

プロ仕様のハード&ソフトで
平面を立体に変える力を養う

3DCGによる静止画・動画制作を、基礎から応用まで着実に学びます。映画やゲームでは必需品となったモーションキャプチャやプロ仕様の3DCGソフトウェアを使用し、高度な作品制作にも取り組みます。また3次元物体を頭の中で自由に作り出し、回転させられる空間認知能力を鍛えます。それらの知識と技術を駆使し、アイデアを形に変える能力を身につけます。
3DCGは表現手段として不可欠なものとなっており、放送・広告・各種映像などさまざまな現場においてクリエイターの需要は高まっています。

自作のキャラクタで
オリジナルゲームを制作

カリキュラムには多くの演習科目を取り入れています。
「3DCGI・演習」ではコンピュータ内の仮想空間に立体を表現する3DCGソフトウェアの操作方法を学び、アイデアを形として制作するスキルをマスターします。
「3DCGⅡ・演習」は一段レベルアップして、アイデアをクライアントに具体的かつ魅力的に見せる技術を磨きます。
「造形基礎・演習」では3DCGやグラフィックなどで必要とされる空間認知能力やスケッチ能力の向上を図ります。
「ゲームCG演習」では自らデザインしたオリジナルキャラクタを使い、ゲームを制作します。ドット絵のキャラクタから始まり、3DCGキャラクタによるゲームへと発展させます。

業界就職を果たす先輩たち

業界プロを講師に迎えるなどリアルな学びに力を注いでいます。企業とコラボしてホームページ映像を制作するといったプロジェクトにも取り組んでいます。
その成果によりゲーム関連企業やWeb制作プロダクション、広告会社、3DCG制作企業などにデザイナーとして就職する先輩も誕生しています。

最新のモーションキャプチャを導入 最新のモーションキャプチャを導入

本学ではプロ並みの高性能なモーションキャプチャシステムを備えています。センサが感知するポイントは53点、そのデータがコンピュータに取り込まれます。そして、この動きをCGキャラクタに取り付けると、キャラクタは人とそっくりな動きをします。今やモーションキャプチャは、映画やゲーム制作になくてはならない装置です。リアルな動きだからこそできる表現があるのです。

最新のモーションキャプチャを導入

向田 茂 教授 3DCGコース

先生よりひと言!

作品づくりを通じて
創造の楽しさを追求します

3DCGコース
向田 茂 教授

このコースでは、3DCGを通して身の回りのモノやコトを観察する目と意識を養います。世の中を観察する力を身につけることで、社会の変化に敏感に反応できる人材の養成を目指します。
具体的には、身の回りのものを観察し、他者に正確に伝えるためのスケッチを行います(造形基礎)。また、身の回りのものを観察し、3DCG作品を制作します(3DCGⅠ・演習、3DCGⅡ・演習)。
他の人にモノの特徴を的確に伝えるためには他の人がどのように見るのかを考えなければいけません。これは、自分の考えを他者にきちんと伝えることにつながります。
身の回りのモノに興味を持って見てみてください。普段は気付かなかったいろいろなことを発見できるはずです。
3DCGを学習しながら、そのプロセスを通じてぜひ観察力をも身につけてください。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ