情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

メディアデザイン専攻

グラフィックデザインコース

実践の中で知識と技術を学んで即戦力デザイナーへ

グラフィックデザイナーを目指す
グラフィックデザイナー/プランナー/アートディレクター

メディアデザイン専攻へ戻る

コースの特徴

  • グラフィックデザインコース
  • グラフィックデザインコース
  • グラフィックデザインコース

最新ソフトを存分に使って
デザインをリアルに学ぶ

実践重視の授業で知識と技術を磨き、発想が豊かで使えるデザイナーを養成するのがこのコースです。
いいデザインとは何か。美しさ、インパクト、説得力、デザイン効果、多角的な視野からデザインを研究します。演習ではポスターやパンフレットなどを実際に企画・制作し、プレゼンテーションします。プロ仕様のアプリケーションソフトなどデジタル機器も駆使しながら実際に生かせるデザインを学びます。
指導するのは経験豊富な元デザイナーや現役クリエイター陣です。

オリジナル制作と
プレゼンテーションにチャレンジ

デザイナーを目指す上で身につけるべきは「豊かな発想力」「斬新な表現力」「企画・提案できるプレゼンテーション能力」です。 これらを学ぶ主な科目は次の通り。「メディアデザインの基礎演習」では新聞、テレビ、雑誌、Webなどメディアの特性を学んだ上で、そこで強く発信するデザインとは?を考えます。 「デザインエレメンツ・演習」ではデザインソフトAdobe Illustrator、Adobe Photoshopを使っての表現力を磨きます。最終課題としてオリジナルの作品を発表し、プレゼンテーション能力も身につけます。

ブランディングまで考える
アートディレクターを体験

最終的には実践に近い形式でデザインに取り組みます。「ビジュアル構成・演習」ではさらに一歩進んだデザインの制作に挑戦します。コンセプト(制作方針)にこだわり、大事なことを的確に人に伝えるデザインを追究します。「グラフィックデザイン・演習」では、ショップのブランディングなどの各テーマで、デザイン制作、広告展開を考え、企画書を作り、『アートディレクター』の仕事を体験します。

ITとデザインは切っても切れない縁 ITとデザインは切っても切れない縁

IoTが進行している現代は、情報の時代です。企業でも個人でも、コミュニケーションツールで、やりとりが行われています。皆さんが日頃テレビやネット、印刷物で目にしている、マスコミのビジュアル情報は、周到にデザインされています。何をどう訴えるか。コンセプトに基づいて作り上げられたデザインが、メディアミックスの媒体ごとに仕上げられています。そのベースになるデザインを作り上げているのがグラフィックデザイナーです。

ITとデザインは切っても切れない縁

川上 正博 教授 グラフィックデザインコース

先生よりひと言!

教える側は全員が
最先端を知るプロ集団です

グラフィックデザインコース
川上 正博 教授

このコースでは、4年間かけてしっかりデザイン力を身につけ、社会で活躍できるデザイナーを育てています。すでにたくさんの先輩がデザイナーとして最前線で活躍しています。また、デザインの道に進まなくても、社会を俯瞰(ふかん)でながめ問題点を洗い出し、コンセプトを確立し、結果を出していく経験は、どのような仕事に就いても大変役に立ちます。そうした社会で実際に活かせる発想力や創造力やプレゼン力を身につけることが大きな目標です。
メディアデザイン専攻の先生たちは、全員がプロの集団です。それぞれが専門の分野でプロとして仕事をしつつ、現代の最先端を学生に伝えるように努力しています。また、同じ道を志向している仲間として、人間的なつきあいの中から、いろいろ学べる環境作りをしています。悩んだら相談にのってくれる、とことん親身なフォロー体制も他にない特徴です。一緒に未来を作りましょう!

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ