情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

メディアデザイン専攻

映像・アニメーションコース

世界に誇る映像・アニメーションの最高峰技術に急接近

映像クリエイターを目指す
映像クリエイター/アニメーター/メディアクリエイター

メディアデザイン専攻へ戻る

コースの特徴

  • 映像・アニメーションコース
  • 映像・アニメーションコース
  • 映像・アニメーションコース

第一線で活躍中のクリエイターが
映像・アニメのすべてを伝える

映像・アニメーションは、あらゆる分野で、情報を伝達する手段としてニーズを高めています。
このコースではショートフィルム制作などを通じて、実写映像制作技術やアニメーションの原理・技術を学ぶとともに、クレイアニメ、CGアニメといった多彩な技法を学びます。
第一線で活躍中の教員による講義と実制作指導により、さまざまな表現方法、伝統的技法から最先端の技法まで身につけます。放送、広告、その他広い領域で、情報通信技術を自在に駆使し、映像やアニメーションを創る人材を育成します。

最新のモーションキャプチャ
特殊効果技術を実践で学ぶ

カリキュラムは技術力と表現力を養う科目が充実しています。
このコースの代表的な科目である「映像アニメ・演習」では、映像分野(CMやショートフィルム等の制作)とアニメーション分野(名作鑑賞)の視点からコンテンツ制作における基礎的理論と表現技法を学び「見る側」から「作る側」へ思考を切り替えます。
「映像デザイン・演習」では、映像をどう見てどう読み取り、作り手としてどう感じ、自分ならどうするか、創造力を磨きます。「アニメーション・演習」では、今や日本の文化ともいわれるアニメについて伝統的な技法から最新のマルチメディアコンテンツまでを学びます。「ビジュアルエフェクト・演習」では、モーションキャプチャグラフィックや特殊効果などの映像加工技術を学習します。さらに作品鑑賞を通してビジュアルメーキングへの理解を深めます。
放送局で活躍するドキュメンタリーやドラマの映像クリエイター、映像アーティスト、プロダクションのアニメーターなどが進路として想定されます。

現役プロの映像作家がゼミを担当 現役プロの映像作家がゼミを担当

本場アメリカの映画祭での受賞実績もある映画監督、島田英二氏が担当するゼミナールがあります。資料収集の方法やコンセプトの立て方を学び、本学自慢のハイスペックソフトなどを使って「IT、メディア、デザインを専攻する学生だからできる」作品を目標に制作に取り組みます。その作品はコンペなどに参加するほか一般公開も行います。

現役プロの映像作家がゼミを担当

島田 英二 准教授 映像・アニメーションコース

先生よりひと言!

実は「見る側」より
「作る側」の方が面白いです

映像・アニメーションコース
島田 英二 准教授

情報化社会の現在、私たちの周りには映像があふれています。映像・アニメーションコースでは、実写映像作品の制作技術やアニメーションの原理・技術を学び、新時代の映像クリエイターを養成します。映像をどのように見て、どのように読み取ったらよいか、また自分からはどのように伝え、人に理解してもらうためにはどのような表現方法があるのか、アイデアの作り方、映像表現や映像のデザインなど、実際に映像を作り、表現方法を学ぶことで、映像の見方や発想方法、批評精神などを身につけていきます。
映像やアニメーションが好きな人は、このコースが合っているかもしれません。ぜひ、この大学案内パンフレットをしっかり読んでください。さらにそこから「自分も映像を見る側から作る側に回って研究してみたい!」と思える人はきっと楽しく学べると思います。
夢を大きく、志を高く持って、まずは一度、実際に本学に来てみてください!

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ