情報メディア学部 情報メディア学科

メディアデザイン専攻

メディアアートコース

広い視点から心を動かすコンテンツづくりに挑戦

デジタル時代のクリエイターを目指す
メディアアーティスト/メディアクリエイター/コンテンツクリエイター

メディアデザイン専攻へ戻る

コースの特徴

  • メディアアートコース
  • メディアアートコース
  • メディアアートコース

人々をワクワクさせるような
作品を
創造できる人材を育てます

メディアアートコースでは、グラフィックや3DCG・映像といったメディアデザインの技術をIT技術と組み合わせることで、新しい芸術表現を目指します。
メディアアート分野では、例えば近年では、プロジェクションマッピングのような映像を活用したものや、モーションキャプチャなどを用いて鑑賞者が参加できる(鑑賞者の動きに合わせて映像が動くなど)新しいタイプのアート作品が数多く生み出されています。そうした創造に取り組むために人間の感覚の仕組みを知り、それを活用するのに必要なIT技術を理解しましょう。

映像、3DCG、グラフィックデザイン、
ウェブサイトなど活動領域は無限大

具体的にはメディアデザインや芸術の基礎を学び、並行してプログラミングなどのIT技術の基礎を身につけ、それらを融合した新しいアート作品を作り出す発想力を磨きます。主なカリキュラムは、発想法演習、行動とデザイン、デザインパスポート、環境情報デザイン論、アイディアメイキングです。
さらに研究を深めたい人は自由にテーマを設定し、作品制作に取り組むことが可能で、コースとしてもサポートします。これまでには(ゼミ活動として)プロジェクションマッピングやインタラクティブ(双方向型)メディアアート作品、インスタレーション(空間演出型)アート作品、ウェブサイトのデザイン、グラフィックデザイン、映像作品、3DCGを用いた空間シミュレーション、インフォグラフィックを用いたプログラミング教育の研究、福祉施設に関する研究などが実践されています。さらに行政や市民団体などとのコラボによる学外プロジェクトや各種コンテストへの出展など、活動の領域は年々広がっています。

映像、広告、出版、放送、さらに芸術家へ 映像、広告、出版、放送、
さらに芸術家へ

IT技術を駆使したアート・クリエイティブ作品が多種多様に登場しています。絵に描いた魚が泳ぐ水族館、人が通ると語りかける壁画、手描き以上に温かみや渋みを表現するデジタル絵画など。実はその制作者の中には実際に絵を描くのは苦手な人もいるというから驚きですが、裏返せば可能性は誰にもあるということ。IT技術を身につければ進路は就職にとどまらず「芸術家」も夢じゃない⁉

映像、広告、出版、放送、さらに芸術家へ

隼田 尚彦 教授 メディアアートコース

先生よりひと言!

芸術センスと
IT技術を身につける新コース

メディアアートコース
隼田 尚彦 教授

情報メディア学科では、これまでも数多くのプロジェクションマッピング作品やメディアアート作品を生み出してきました<過去の学生作品をご覧になりたい方は、YouTubeの北海道情報大学チャンネル(HIU Channel)や北海道情報大学メディアデザイン展の映像、メディアクリエイティブセンターのFacebookページでご覧ください>。
来春からスタートするメディアアートコースではそうしたクリエイティブ・アートを主軸において学んでいきます。
新しい時代のクリエイティブ・アートの創作活動には、IT技術がとても有効です。この大学なら、芸術センスを磨きながら、それを活かすIT技術を手に入れることができます。そうしたことができる場は多くありません。情報大で共に学び、研究し、センスと技術を磨いて新しい時代のアートを創り出しませんか。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ