情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

ゲームプログラミングコース

ゲーム制作で優れたプログラミング技術と新しい発想を獲得

ゲーム業界を目指す
ゲームプログラマ/ゲームプランナー/ソフトウェア開発エンジニア

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • ゲームプログラミングコース
  • ゲームプログラミングコース
  • ゲームプログラミングコース

数多くの制作体験を通して
ゲームのすべてを知り尽くす

ゲームプログラマは企画者のアイデアを形にし、ゲームに命を吹き込む存在です。ゲーム開発におけるゲームプログラマの役割はとても重要で、ゲームプログラマのスキルはゲームの完成度に、ゲームプログラマの感性はゲームの面白さに直結します。
このコースでは多くの制作体験を通してゲーム制作のノウハウを学び、新しい技術と優れた感性を持ったゲームプログラマを育成します。

憧れの業界就職に結びつく
最新のスキルをマスター

ゲームの仕組みを理解することから始めて、少しずつ難度の高いものへ移行します。
「ゲームプログラミング演習」では基本的なゲームの仕組みや構造を、実際にゲームを制作しながら学びます。講義の柱となるプログラミングはもちろんのこと、グラフィック素材の描き方や、アニメーションの方法など具体的なゲームづくりのノウハウも学びます。
ゲームプログラミングは課題をこなすだけでは上達しません。「ゲーム制作演習」では一歩進んでゲームのアイデアの出し方を学び、そのアイデアが実現可能かをプロトタイプを制作し検証します。ゲーム制作に失敗はつきものですが、思い通りにゲームが動かなくても失敗を成功に変える発想の訓練も行います。
「ゲーム制作プロジェクト」では今まで培ってきたゲームづくりのノウハウをもとに、大規模なイベントを想定した本格的なゲーム制作を行います。講義の冒頭にゲームのテーマが与えられ、2~3人でチームを作り制作を行います。この講義では実際のゲーム開発現場を想定し制作を進めていきます。
ゲーム制作の中心はゲームプログラマです。高い技術と大学生ならではの発想法を身につければ、憧れのゲーム業界もすぐそこです。

いつでもどこでも気軽にゲームが楽しめる いつでもどこでも
気軽にゲームが楽しめる

ゲーム市場は「コンシューマーゲーム」「ソーシャルゲーム」に分類されます。このうち成長著しいのが、基本無料で一部コンテンツに課金をして遊ぶソーシャルゲームです。ソーシャルゲームはスマートフォンの普及と基本無料という新しいビジネススタイルにより、閉塞感のあったゲーム市場を活性化させています。新規にゲーム事業を始める会社も多数あり、ゲーム開発現場では常に優れた人材を求めています。

いつでもどこでも気軽にゲームが楽しめる

森川 悟 准教授 ゲームプログラミングコース

先生よりひと言!

難易度の高いプログラミングを
楽しく分かりやすく

ゲームプログラミングコース
森川 悟 准教授

このコースでは、ゲームやICTの現場で即戦力として働ける人材を育成しています。
コンピュータゲームのプログラムは普通のプログラムとは違う独特なものです。そこで、ゲーム特有のプログラムスタイルを修得するのはもちろん、ゲームに必要な素材、2Dキャラクターや3Dモデルの制作方法などの作り方も平行して学びます。
ゲーム系のプログラムはプログラミングの中でも最も難易度が高いものですが、初心者でも理解できるような小さな題材からはじめ、少しずつゲームを本格的なものに仕上げていきます。
ゲームプログラマと他分野のプログラマの違いは、完成したときの達成感です。みなさんも楽しみながら、面白いゲームを作りましょう!

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ