情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

ゲームプログラミングコース

ゲーム制作を通じて先進の情報処理技法を獲得

ゲーム業界を目指す
ゲームプログラマ/ゲームプランナー/ソフトウェア開発エンジニア

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • ゲームプログラミングコース
  • ゲームプログラミングコース
  • ゲームプログラミングコース

数多くの制作体験を通して
ゲームのすべてを知り尽くす

優れた技術と新しい感性を持ったゲームプログラマを育成するコースです。
ゲームプログラマは発案者のアイデアを形にする、ゲームに命を吹き込む存在です。その役割はかなり重要で、ゲームは先進コンピュータ・プログラムの結集といわれるほど高度で、これができる技術者はあらゆる分野で通用するといわれるほどです。
このコースでは簡単な2Dゲームから複雑な3Dゲームまで数多くの制作体験を通して、基本的なゲーム制作テクニックを学びます。

憧れの業界就職に結びつく
最新のスキルをマスター

ゲームの開発に必要な知識及びスキルを身につける科目は多彩。以下の科目がその中心となります。
「ゲームプログラミングⅠ・演習」は入門編。マウスを使ったアクションゲームの制作からスタートして複雑なアクションゲームまで挑戦します。アニメーションやサウンドも学びます。さらに「ゲームプログラミングⅡ・演習」で一段上がり、プログラムに必要な数的処理や、ゲームを面白く味付けするテクニック、効果的なデータ管理や実践デバッグ方法を学びます。「ゲーム制作演習」では3Dゲームの制作に取り組みます。3Dモデルの作成から、3Dモーション作成、各種エフェクトといった3Dプログラムに特化した内容を学びます。「ゲーム開発の最新動向」ではゲーム開発会社が集まるイベントCEDECから最新情報を基に現在の技術動向、プログラム言語と表現力を学びます。仲間と共通テーマでアイデア発表会も行います。
ゲーム産業は今や世界から注目される産業であり、それを支えるプログラマはまだまだ求められます。高いスキルを身につければ業界就職は十分に可能です。

いつでもどこでも気軽にゲームが楽しめる いつでもどこでも
気軽にゲームが楽しめる

家庭用ゲーム機、モバイルゲーム、オンラインゲームが業界3大柱と言われますが、このうち成長著しいのがモバイルゲーム。スマートフォンやタブレットPCの普及により、いつでもどこでも安価に楽しめる気楽さからゲームファンの新規獲得にも貢献しています。新しい発想力と企画力・創造力で楽しいゲームを開発する優れたスタッフは今強く求められています。

いつでもどこでも気軽にゲームが楽しめる

森川 悟 准教授 ゲームプログラミングコース

先生よりひと言!

難易度が高いプログラミングを
ぐんぐん引き揚げます

ゲームプログラミングコース
森川 悟 准教授

このコースでは、ゲームやICTの現場で即戦力として働ける人材を育成しています。コンピューターゲームのプログラムは普通のプログラムとは違う独特なものです。そこで、ゲーム特有のプログラムスタイルを修得するのはもちろん、ゲームに必要な素材、2Dキャラクターや3Dモデルの制作方法などの作り方も平行して学びます。
ゲーム系のプログラムはプログラミングの中でも最も難易度が高いものですが、初心者でも理解できるような小さな題材からはじめ、少しずつゲームを本格的なものに仕上げていきます。
ゲームプログラマーと他分野のプログラマーの違いは、完成したときの達成感です。みなさんも楽しく学んで、楽しいゲームを作り上げましょう!

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ