情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

インターネット
アプリケーションコース

可能性豊かなSNSを支えるスペシャリストへ

クラウドサービスのスペシャリストを目指す
Webシステム開発エンジニア/Webプログラマ/Webクリエイタ

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • インターネットアプリケーションコース
  • インターネットアプリケーションコース
  • インターネットアプリケーションコース

特化した専門力は
業界進出への強力な武器

いまだ発展を続け、可能性を広げるインターネット。とりわけWebメールやTwitter、FacebookといったSNS(ソーシャルネットワークサービス)の進化スピードは急速で、これらに対応するアプリケーションも矢継ぎ早に開発されています。
このコースではSNSの構造や特性をまず理解し、その上でアプリケーションとは何かを考察します。目指すは、その開発に臨むスペシャリストです。SNSがさらに普及し、利用価値を上げていく中で、特化した専門力を武器にする人材は確実に求められます。

クリエイティブの要素もわかる
現代的エンジニアになる

学びの特徴は「データベースも学ぶ」「プログラムとデザインも学ぶ」「企画・提案力も身につける」ことです。単なる技術者にとどまりません。
具体的には専門科目である「データベース」で、スピーディにデータを送り出す技術について学びます。「Webアプリケーション基礎演習」ではユーザーを引きつけるアプリの開発方法をテーマにデザインの工夫やプログラミングの仕掛けを考えます。「Webアプリケーション開発演習」では実際の開発プロセスをケーススタディします。「Webプログラミング演習」では、HTMLの意味を理解し機能械的側面からどのようなWebページが閲覧されやすいか、アップロードやダウンロードといったファイルの送受方法まで学びます。

成長する
アプリケーションビジネス

素早く情報交換したい、たくさん情報を送りたい、きれいな画面を見たい、作りたい、そうした要望に応えようとするのがアプリケーションです。IT産業ではこれは大きなビジネスになると見込んで力を注いでおり、人材ニーズも高めています。IT関連への就職を考えるなら、この職種は狙い目のひとつです。

アプリケーションの可能性は無限大 アプリケーションの可能性は無限大

ウィキペディア、ブログ、電子掲示板、銀行のインターネットバンキング、証券会社のオンライントレード、電子商店街などインターネットアプリケーションはさまざまな形で広く社会に浸透しています。最近は表現力がグレードアップしたリッチインターネットアプリケーションも続々と登場しており、その可能性の大きさは底知れません。

アプリケーションの可能性は無限大

広奥 暢 准教授 インターネットアプリケーションコース

先生よりひと言!

最新のクラウド技術について
広く深く学びます

インターネットアプリケーションコース
広奥 暢 准教授

これまでは個別の端末にインストールしなければならなかったアプリケーションソフトウェアを、今やインターネットの中核技術とさえ言えるWWW(World Wide Web)を通じて動かせるWebアプリケーションにできる人を育成します。単にプログラミングにとどまらず、Webサーバーの構成ができる、さらにはデザイン面まで配慮できるなど多彩な知識を持った人材を育てます。HTMLやJavaScriptなどWebに関わる基礎技術に加え、サーバー側のプログラミングなど演習で手を動かしながら学びます。
インターネット上のアプリケーションは、みなさんには特別なものと感じないかもしれません。裏を返せばそれだけ無くてはならない存在です。ここで学ぶのは、インターネットの根幹技術であり、プログラム作成、Webデザイン、ネットワーク通信と幅広く、いわゆるクラウド技術の基礎となるものです。このコースで学べば、社会のいろいろな分野に対応できる人材になれます。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ