情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

メディアプログラミングコース

メディアの進化を支える必要不可欠のエンジニア

メディアのスペシャリストを目指す
メディアプログラマ/インターフェース開発エンジニア/システムエンジニア

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • メディアプログラミングコース
  • メディアプログラミングコース
  • メディアプログラミングコース

最強のクリエイティブ環境で
メディア創造に挑む

高度化するメディアプログラミングのスペシャリストを育成するコースです。メディアが多様化するのに伴い、当然のようにその質が向上し、これに対応できるプログラマは強く求められています。
業界ニーズに応え、DTMやCAD、モーションキャプチャといった特殊なソフトウェアを使いこなす技術を磨きます。あらゆるメディア創造に欠かせない要素としてデジタルサウンドも学習します。道内ではトップレベルを誇る本学のクリエイティブ環境をフルに使い、即戦力スキルの獲得を目指します。

既存のスタイルを超えた
新たなICTを探求する

カリキュラムは実践を重視した編成となっています。
「メディアシステム開発演習」ではゲーム機やスマートフォンに使われているカメラなど各種センサを使ってオリジナルアプリを制作します。
「ヒューマンコンピュータインタラクション」では視覚、聴覚、その他の感覚を使ってコンピュータと対話する方法を研究します。
「メディアプログラミング演習」ではキーボードやポインティングデバイス(マウスなど)のほかに、もっと自然な方法はないか?既存のスタイルを徹底的に疑い、新たな方法を研究します。

初音ミクの生みの親が
その舞台裏も含めて指導

デジタルサウンドの学習もこのコースの特徴です。とりわけ音楽コンテンツについて、DAW、DTM、MIDIといった最新の制作テクノロジーを詳しく学びます。さらに音楽コンテンツ流通の現状と今後、音楽コンテンツの著作権管理についてなど業界事情も学習します。初音ミクを生んだソフトウェア企業のクリエイターが講師です。

ブロードバンドがコンテンツを充実化 ブロードバンドがコンテンツを充実化

ブロードバンド=Broad(広い)band(帯域)。データが通る道幅が広いという意味です。これにより送受信速度が高まると、映画などの画面はきれいになり、複数のコンテンツをスピーディに快適に使えるようになったり、さらに多くのサービスが考えられます。無限の可能性に向かって環境整備が進んでいる中、実力ある技術者は引っ張りだこです。

ブロードバンドがコンテンツを充実化

守 啓祐 教授 メディアプログラミングコース

先生よりひと言!

マルチメディアを駆使する能力が
身につきます

メディアプログラミングコース
守 啓祐 教授

このコースでは映像や音声等のメディアをデジタルコンテンツとして処理するプログラムについて学びます。まずは基本的なメディアの特性を理解し、操作を行うのに必要なソフトウェア技術を修得します。具体的には静止画、音声、動画に対する処理(加工、配信、蓄積)技術を活用するアプリケーションの操作技術およびソフトウェアを開発する技術の修得です。はじめに基礎知識を身につけた上で、応用の演習を行い、より実践的な制作へと段階的に学んでいきます。最終的に映像、動画像、音声および各種センサなどを駆使するデジタルコンテンツを取り扱えるメディア技術者を目指します。
みなさんの周りにはweb上のコンテンツ、スマートフォンのコンテンツとマルチメディアコンテンツがあふれています。以前は取り扱いが困難であったこれらはアナログからデジタルへと変わり非常に柔軟に取り扱えるようになってきました。このコースで学んでマルチメディアを駆使する能力を身につけましょう。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ