情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

モバイルアプリケーションコース

高機能化・多様化するケータイアプリをクリエイト

モバイルの最先端を目指す
ケータイアプリ開発エンジニア/ソフトウェア開発エンジニア/Webデザイナー

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • モバイルアプリケーションコース
  • モバイルアプリケーションコース
  • モバイルアプリケーションコース

無限大の可能性を包括した
モバイルアプリにマトを絞る

世界中に広がるスマートフォンやタブレット端末、そうしたモバイルコンピュータに的を絞り、そこで利用されるアプリケーションの構築を学びます。
モバイルだから生まれるさまざまなアイデアをアプリに変える、柔軟な思考力と確かな専門力を備えた人材を育成するコースです。
より使いやすく快適で楽しいアプリを求める背景は依然強くあります。ネットワークプログラミングや各種センサを学び、それを実制作で確認しながら、アプリ開発の即戦力を身につけたなら確実に明るい未来が広がります。

楽しみながら理解できる
安心カリキュラム

カリキュラムは多彩な科目で構成されています。その柱となる科目は次の通りです。
「モバイルアプリ演習」では、スマートフォンやタブレット端末のタッチパネル技術を応用した使いやすく便利なアプリケーションを開発します。そのために、C++やJava言語を使ってプログラミングとは何かを理解します。ここで学ぶ知識は、多くのプログラミング言語に共通の概念です。

将来に役立つ幅広い応用力

さらに広く「ソフトウェアデザイン」も学習します。
実践形式で、まずシステムに何をさせるか(分析)、それをどう実現するか(設計)を考え、身近な開発例を基に、実際にオブジェクト指向技術を使って開発(実装、構築)に向かいます。この応用力は就職に役立ちます。

活躍チャンスを秘めたケータイアプリ市場 活躍チャンスを秘めた
ケータイアプリ市場

ゲームからはじまったモバイルアプリのトレンドが近年ビジネスに波及しています。遠隔会議に有効なコラボアプリ、資料編集アプリ、顧客管理アプリなどビジネス向けの種類増が背景にあり、これらを利用する人はすでに2億人に達し、間もなく関連市場は5年前の倍の規模になると推測されています。この分野を目指すエンジニアはチャンス絶大です。

活躍チャンスを秘めたケータイアプリ市場

斎藤 一 准教授

先生よりひと言!

今必要とされている知識・技術を
実際に手を動かして学びます

モバイルアプリケーションコース
谷口 文威 准教授

このコースは、ケータイアプリ開発・ソフトウェア開発のエンジニアや、Webデザイナー育成を目的としています。そのためにアプリ構築の知識と技術、インターフェイスデザイン、ネットワークの通信機能、各種センサーの取扱い、企画や設計・実装などを学びます。Webデザインも含むので広範囲に網羅することになります。
普及率が高まるモバイル端末は年々進化しています。画面が大きくなり、ドット数が増え、処理能力が高くなり、数多くのセンサーを扱えるようになってきました。ネットワーク通信の整備でお金のやりとりも簡単にできるようになっていますし、ゲームやビジネスアプリも次々に生み出されています。現代のエンジニアには「今までのアプリ開発に必要な知識+スマホ独自の知識」が必要になっています。このコースでは、そうした今必要とされている知識や技術をイチから手を動かして学んでいきます。最終的にアプリの設計・作成までを目指します。一緒に楽しみながらアプリを開発してみませんか。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ