情報メディア学部 情報メディア学科

メディアテクノロジー専攻

インターネット
セキュリティコース

高度ネットワーク社会を守るスペシャリストへ

情報通信のスペシャリストを目指す
ネットワークエンジニア/セキュリティエンジニア/システムエンジニア

メディアテクノロジー専攻へ戻る

コースの特徴

  • インターネットセキュリティコース
  • インターネットセキュリティコース
  • インターネットセキュリティコース

ICT時代が真に求める
セキュリティの専門家になる

誰もが当たり前にインターネットを利用する現代において、その利便性とともに安全性は重要であり、それを確保・保守する人材は不可欠です。
このコースではLinux環境でメール、Web、サーバー構築、さらにネットワーク設計と管理、運用を学び、その上でセキュリティマネジメントを追求し、時代が求めるスペシャリストを育成します。学びのポイントはネットワークの設計、管理、運用及びネットワークプログラミングです。
現在もっとも必要とされているセキュリティ技術を着実に身につけ即戦力を目指します。

インターネットを
ハード&ソフトの両面から理解

ネットワークの基礎理解からはじめ、徐々にレベルの高い技術の獲得へ踏み出します。
まず、「インターネットとセキュリティ」の科目でインターネットの構造とリスクを理解し、数々ある脅威から情報を守るために高度な知識を身につけます。
次いでより詳しく学ぶ科目「インターネットの仕組み」では、インターネットをとりまくハードウェアも学びます。「ネットワーク管理」ではインターネットの基本的なアドレス体系と、各種プロトコル(通信規約)、管理情報ベースとネットワーク管理コマンド、さらに関連するセキュリティ知識を学び、今後のネットワーク管理について考察します。

ゼロからの挑戦も安心の
段階的授業

LANについても学びます。「デジタルデータの伝わり方」の科目はデジタルデータ伝送の基礎知識を日本語文章の送受信を例題として、基礎知識ゼロの人にも理解できるようやさしく解説します。ローカルエリアネットワーク(LAN)に関する基本技術を学習した上で、インターネットとセキュリティへの多角的なアプローチで実践力を養います。

セキュリティエンジニアは縁の下の力持ち セキュリティエンジニアは
縁の下の力持ち

近年、ウィルスやハッキング、クラッキング(他人のコンピュータに不正に侵入すること)が大きなニュースとして世間を騒がせています。企業はセキュリティをいっそう強化しなければならなくなっています。例えば銀行や信販会社の顧客リストデータが流出したら… ITとは無縁に思える分野でも実は情報セキュリティは大きな役割を担っているのです。

セキュリティエンジニアは縁の下の力持ち

福光 正幸 講師 インターネットセキュリティコース

先生よりひと言!

新たなセキュリティを提案する
専門家を目指します

インターネットセキュリティコース
福光 正幸 講師

コンピュータやインターネット技術の発展により、便利な世の中になりましたが、その一方で、サイバー犯罪や情報流出といった問題も頻出しています。ICTを専門とする企業でなくともセキュリティは必須です。
このコースでは、セキュリティに携わる高度なコンピュータやネットワーク技術を持ち、さらに、多角的な視野でセキュリティを提案できる人材育成を目指します。主流となっているWindows OSをはじめ、Linux OSを用いたサーバー構築技術やネットワーク技術、プログラミングスキルを磨きます。インターネットの仕組みや暗号技術、セキュリティポリシーなども学びます。
クラッキングといったサイバー犯罪、個人情報流出というような脅威はなぜ起こるのか。あらゆる視点から考察し、議論できるようになり、これらを解決するために必要な基礎的なネットワーク・プログラミングスキルをこのコースで磨きましょう。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ