医療情報学部 医療情報学科

専門性・実践性の高い医療情報の知識や技術を身につけ、高度医療IT人材を育成します。 専門性・実践性の高い医療情報の
知識や技術を身につけ、
高度医療IT人材を育成します。

国家資格者である
臨床工学技士を養成します

臨床工学専攻

    臨床工学技士は病院内で医療機器の管理を行う業務のほか血液浄化等患者に直接接することのある職種です。また手術室においては医師や看護師とともに患者の生命維持に従事します。本学ではこのような業務に携わる臨床工学技士を育成するにあたり以下のような学生を求めます。

  • 医療人として高い倫理観と明確な目的意識のある人
  • 常に自己研鑚に励み、コミュニケーション能力のある人

大学入学までに身につけて欲しいこと

臨床工学専攻では4年間を通して多くの科目が必修として設定されています。課された講義や実習に真摯に取り組むために必要となる健康な身体を育んでください。また専門的な科目の内容を理解するためにはしっかりした国語力、また入学後必要な英語については高校レベルの力はしっかりと身に付けていることが大切です。また1年生から専門的な科目も始まりますので高等学校の数学Ⅰレベルの数学についても身に付けてください。

現代医療に欠かせない臨床工学技士を目指す 現代医療に欠かせない臨床工学技士を目指す

臨床工学

  • 臨床工学技士(呼吸治療、人工心肺、血液浄化、手術室、集中治療、心血管カテーテル、高気圧酸素、ペースメーカ/ICD、医療機器管理)
  • 医療機器開発担当者
  • メディカルIT研究者

関連資格

  • 臨床工学技士


  • ※高度な専門性を持った臨床工学技士に対して、関連する学会が次のような認定制度を設けています。


  • 透析技術認定士(血液浄化業務)
  • 体外循環技術認定士(人工心肺業務)
  • 3学会合同呼吸療法認定士(呼吸療法業務)
  • 臨床高気圧治療技師(高気圧治療業務)
  • 臨床ME専門認定士(保守点検業務・安全管理業務)

カリキュラム

基礎教育科目

教養基礎
  • 日本語表現Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎数学A・B
  • ビギナーズセミナーⅠ・Ⅱ
外国語
  • 基礎英語A・B
  • 英語表現ⅠA・ⅠB
  • 実用英語A・B
  • 英語表現ⅡA・ⅡB
  • 職業英語A・B
  • 初修外国語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB・ⅢA・ⅢB

人間教育科目

情報とクリティカルシンキング
  • 情報の世界
  • 情報倫理
  • ヘルスリテラシー入門
人間
  • 心理学
  • 文学
  • 歴史学
  • 哲学
社会
  • 経済学Ⅰ・Ⅱ
  • 法学
  • 社会学
  • 憲法
  • 国際関係論
自然
  • 線形代数Ⅰ・Ⅱ
  • 関数の基礎
  • 微分積分Ⅰ・Ⅱ
  • 確率・統計Ⅰ・Ⅱ
  • 物理学
  • 生物学
  • 化学
総合
  • 健康とスポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 海外事情(米国編)(中国編)
  • 国際コラボレーションA・B
  • キャリアデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ

専門教育科目

医学・医療
科目
  • 医学概論
  • 臨床医学総論
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 医療制度論
  • 医療倫理概説
  • 生化学
  • 看護学概論
  • 福祉総論
  • 臨床検査概論
  • 薬理学
  • 医用工学概論
  • 臨床医学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 循環器学
  • 呼吸器学
  • 麻酔学
  • 手術・集中治療学
  • 泌尿器学
  • 免疫学
  • 臨床工学関係法規
  • 公衆衛生学
  • 医療安全管理学
  • 栄養学
  • 食品化学
医療情報
システム科目
  • 医療情報学概論
  • 医療統計学
  • 医療経営概論
  • 放射線医科学概論
  • 病院情報システム概説Ⅰ・Ⅱ
  • 医療経営戦略論
  • 医療マーケティング論
  • 医療経営演習
情報科目
  • ICT入門
  • コンピュータシステムⅠ・Ⅱ
  • プログラミング入門
  • JAVAプログラミング基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • Web技術基礎
  • システム開発基礎Ⅰ
  • ネットワークとセキュリティⅠ・Ⅱ
  • 情報社会論
  • 画像処理
  • メディアデザイン特別講義
  • データサイエンス
  • 医療情報特別講義
医用工学科目
  • 応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 電気工学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床工学基礎実験
  • 機械工学
  • 物性工学
  • 材料工学
  • 計測工学
  • 医用治療機器学
  • 医用治療機器学演習
  • 生体計測装置学
  • 生体計測装置学演習
  • 医用機器システム管理学
  • 医用機器学実習
  • 生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ
演習科目
  • 臨床実習
  • ゼミナール
  • 卒業論文
学部横断科目
  • グローバルヘルスリテラシー
  • プロジェクトトライアル
  • BIとビッグデータⅠ・Ⅱ

アドミッション ポリシー

教授からのメッセージ

医療情報学科長 佐藤 裕二 教授

臨床工学技士の存在感は
大きくなるばかり

医療情報学科 佐藤 裕二 教授

従来、医療は医師と看護師に、そのほとんどが任されていましたが、診断・治療が複雑になり、高度な判断が必要とされるようになって最近は「チーム医療」という考え方がされるようになっています。医師と看護師に加え、薬剤師、放射線技師、検査技師、社会・介護福祉士、ケアマネージャー、CE(クリニカルエンジニア=臨床工学技士)、診療情報管理士、リハビリ、医療事務、などの職種がまとまって医療に取り組む体制です。
現在、IT、ロボットなどが医療の重要な位置を占めるようになり、存在意義は高まるばかりです。今後機器の発達と操作でますます増加すると思われます。
来春より、情報大は期待高まる臨床工学技士の養成をスタートします。興味のある方はオープンキャンパスなどに参加し何でも聞いてください。実感すると「やる気」が湧きます。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ