医療情報学部 医療情報学科

医療情報学部 医療情報学科

医療情報学部 医療情報学科

臨床工学専攻

臨床工学技士コース

臨床工学技士の知識・技術・即戦力プラス高度情報処理技術を養成

現代医療に欠かせない臨床工学技士を目指す
臨床工学技士/医療機器開発担当者/メディカルIT研究者

臨床工学専攻へ戻る

コースの特徴

  • 臨床工学技士コース
  • 臨床工学技士コース
  • 臨床工学技士コース

チーム医療の重要メンバーとして
活躍が期待されています

臨床工学技士はClinical Engineer(CE)と英語表記される、国家資格の職種です。その仕事を一口に言うと「生命維持装置の操作、保守点検を行う業務」と集約されます。
あらゆる医療機器が発達し、高度化・複雑化している現在において臨床工学技士の活躍の場面は広がるばかりで、医療現場ではなくてはならない重要な職種です。また、医療サービスの充実に向けて24時間体制を敷く病院も多くなっており、今後の需要はさらに大きくなると考えられます。

医学・工学の知識・技術とともに、
情報大が得意とするIT教育を実施

新たにスタートする臨床工学技士コースでは、そうした期待される人材を目指し、医療と工学を広く深く学んでいきます。医用生体工学、医用機器学、生体機能代行装置学、医用安全管理学、関連臨床医学、臨床実習といった専門領域の科目を通じ、手術、補助循環、血液浄化(血液透析など)、心臓カテーテル、血液透析、ペースメーカ、人工呼吸器、シリンジポンプ、などの機器点検および操作について学修します。
とりわけ、Information Technology(IT)を高度に活用する医療機器については、医師と看護師だけではその機能を十分に利用し切れなくなっています。医療に関する知識を十分に備え、これらに加えてITの専門的知識を持つ臨床工学技士の存在が必要不可欠となっています。ITも猛スピードで進化する現代、新しい人材の確保は大きな課題となりつつあります。
本コースでは、医療に貢献する人に期待しています。そうした人に医学・工学の知識・技術とともに、情報大が得意とするIT教育をわかりやすく行います。真新しい施設・設備と、医療界に精通した教授陣をそろえ、実際の医療の現場で即戦力として活躍する人材を養成します。

期待の人材を養成する、注目の新コース 期待の人材を養成する、
注目の新コース

近年、救急対応に高度な医療機器を使用するケースも増えており、規模の大きな病院では臨床工学技士の24時間体制をスタート、2、3交代のための人材確保を急いでいます。国もこれを支援し、診療報酬として経済的に援助しています。道内でも同様の動きが始まっていますが、残念ながら必要数を満たす見通しが立っていないのが実情なだけに来春スタートするこのコースは注目されそうです。

期待の人材を養成する、注目の新コース

松田 成司 准教授 臨床工学技士コース

先生よりひと言!

第一線の臨床工学技士として
活躍できる人材養成を行います。

臨床工学技士コース
松田 成司 准教授

臨床工学専攻は卒業時に臨床工学技士国家試験を受験し臨床工学技士として活躍する人材を養成します。臨床工学技士になるためには解剖生理学から詳細な臨床医学までの医学的な知識と電気電子から機械工学といった工学の知識が必要になります。当専攻ではこれらの臨床工学技士に必要な知識の学習の他に医療現場で必要となる豊かな人間性を養成するための教養科目や情報大ならではの情報科目を学習することにより、将来にわたり第一線の臨床工学技士として活躍できる人材養成を行います。
当専攻では物理・生物・化学といった基礎科目から学習をはじめ次第に専門的な工学的科目と解剖生理のような基礎医学の学習を始めます。2年3年次にはより専門的な医療機器に関する科目や専門的な医学科目が加わり、また実験実習も入ってきます。4年生では研究的な内容を取り込みながら国家試験に向けて学習していきます。

クローズアップ 臨床工学専攻

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ