医療情報学部 医療情報学科

医療情報学部 医療情報学科

医療情報学部 医療情報学科

診療情報管理専攻

診療情報管理コース

現代医療に欠かせないICTを正しく理解する

メディカルITスタッフを目指す
診療情報管理士/医療秘書/医療事務スタッフ

診療情報管理専攻へ戻る

コースの特徴

  • 診療情報管理コース
  • 診療情報管理コース
  • 診療情報管理コース

病院事務スタッフとして人のために役に立ちたい!

本コースでは、大学生に必要な教養に加え専門科目では、病院事務職として働くうえで求められる知識や技能を学び、就職時に有利に働く資格取得までをサポートします。病院事務の主な仕事には、医療事務、医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)、診療情報管理士業務等があります。医療事務の仕事は、病院の窓口での受付や、医療費の算定・請求等の医事会計業務、さらには、入院・退院に関係する事務作業をおこないます。医師事務作業補助者の主な仕事は、医師の指示のもとに医療文書の作成、処方せんの作成、検査予約等の事務作業を代行します。
近年の病院事務スタッフとして、より高度で専門性の高い診療情報管理士が重視されるようになっています。専門的な医療知識をもとに、医師が書いたカルテ内容や手術記録、看護記録から必要な情報を抽出しデータベースを作り、情報を活用できるよう管理します。また、カルテ内容に間違いがないか、あれば担当医師に修正を依頼することも業務のひとつになるため、基礎的な医学知識や医学英語の理解が必要となり、一般的な医療事務にはないやりがいを感じられる仕事です。

病院就職に有利な資格取得を強力に支援します

病院事務の入門編から学びを開始し、より高位の資格へと段階的に資格を取得するカリキュラム構成ですが、本コースで特にすばらしいところは、確実に実力アップを図るため学生一人ひとりに則した学力アップのプログラムを教員と学生が一緒に作ることです。1年次から臨床医学と実際に必要な病院事務の基礎知識と演習を学びます。また、病院では医療とICTの両方の知識を持った人材が不足しています。病院のICT(情報コミュニケーション技術)化の推進と利用技術についてもしっかり学び、「医療と情報」に精通した人材育成のカリキュラムを履修します。これが4年制大学の大きな強みです。

プレゼンテーション力向上を目指します!

3年生から始まるゼミナールの講義では、専門的知識習得に加え情報通信技術を駆使し自分の考えを人前で伝えるプレゼンテーションの技法を学び、論理的思考力、表現力に優れた人材育成をめざします。

ITは恐ろしい医療ミスを防ぐ ITは恐ろしい医療ミスを防ぐ

たとえばカルテのIT化。電子カルテになれば、膨大な情報を正確に記録し、長期保存できて、迅速にチェックできます。カルテの読み違いや情報不足による医療ミスを防げます。厚生労働省ではこの電子カルテの導入を強く推奨しています。

ITは恐ろしい医療ミスを防ぐ

高橋 文 教授 診療情報管理コース

先生よりひと言!

よりよい医療の実現に
貢献するための学びです

診療情報管理コース
高橋 文 教授

診療情報管理士には、病院の医療情報を分析し、院内・院外へさまざまな医療情報を発信することが求められています。そのため、学ぶべき科目は「医療・医学」「医療情報システム」「情報」の3領域の専門科目です。
まず基礎科目としての臨床医学の知識、診療報酬請求事務、情報処理技術、医療ネットワークシステムなどのほかに、医師法、医療法、健康保険法をはじめとする関連法規も学びます。確かな土台を築いた上で3領域の専門科目を深く掘り下げていきます。医療を取り巻く社会事情の急速な変化に加え、病院はより良い医療を安定して提供することが求められます。
病院では、医療の質の管理や、安定した病院経営を支える専門的知識を有する診療情報管理士が求められています。このコースではそのような高い専門性を有する人材養成を目指しています。

クローズアップ 診療情報管理専攻

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ