経営情報学部 システム情報学科

宇宙情報専攻

宇宙情報システムコース

高度研究にチャレンジする中で新たなIT活用を探る

宇宙関連産業を目指す
宇宙情報システム開発者/高信頼システム開発者/ネットワークエンジニア

宇宙情報専攻へ戻る

コースの特徴

  • 宇宙情報システムコース
  • 宇宙情報システムコース
  • 宇宙情報システムコース

宇宙開発の実際を知る技術者が
最新の知識を披露

GPSなど宇宙情報の利用が今後いっそう活発化すると予測される一方で、そのシステム開発現場ではそうした信頼性の高いソフトウェアを作る人材は不足していると言われます。このコースでは、そうした要請に応え得る人材を育成します。宇宙開発や宇宙情報利用に必要な高品質高信頼性ソフトウェアの開発に携わるための知識や技術を学びます。
実際に宇宙開発に携わってきた技術者が指導者となり衛星リモートセンシングなど地球観測に必要な専門知識と技術をわかりやすく教えます。

洗練された高度知識・技術は
多様な分野に応用可能

入学するとまず「宇宙への挑戦」で宇宙開発の歴史、世界での取組み、体制・政策、宇宙ステーション、科学探査、衛星による地球観測などについて、その概要を学びます。宇宙への興味や好奇心が喚起され、宇宙情報システムへの学習意欲が刺激される講義です。
技術系の学習は「宇宙工学基礎」からスタートです。ロケットや人工衛星の軌道、誘導と制御、通信、追跡管制など宇宙工学の基礎を学びます。ロケットや人工衛星そのものと、その装置に関する具体的設計も学びます。「宇宙情報利用概論」では衛星リモートセンシング(遠隔測定)とそのデータ利用によるGIS(地理情報システム)への理解を深め、実際に使われているシステムや観測機器を学びます。「宇宙開発情報学」では、宇宙で使われている、高い信頼性が要求されるソフトウェアの開発手法や、安全安心なシステム開発を行うためのセーフウェアを学びます。
宇宙開発を目指した高度な学びは広く深く、そこで培った力は多様な産業分野で認められることが期待できます。

案外身近にある、宇宙情報の恩恵 案外身近にある、宇宙情報の恩恵

たとえば宇宙レーダーによる衛星画像が地図作成に利用されていたり、流氷の探知で船の安全航行が確保されていたり、もっと身近なところでは自動車のカーナビゲーションやスカパー、気象衛星「ひまわり」もそのひとつです。宇宙開発にあたっては高度な技術が必要であり、その技術は当然、私たちの暮らしを豊かにするのに貢献します。

案外身近にある、宇宙情報の恩恵

若松 義男 教授 宇宙情報システムコース

先生よりひと言!

宇宙に関わる
仕事って面白そう!

宇宙情報システムコース
若松 義男 教授

宇宙情報システムコースに進むと、どうなるのでしょうか?宇宙に関するいろいろな勉強(宇宙開発の常識、宇宙科学・宇宙工学・宇宙情報学の基礎知識、宇宙や地球から得られる情報の高度な利用方法、高品質で高信頼なシステムの開発手法)をすることができます。えっ、「難しそう!」ですって。大丈夫。先生方は難しそうなことでも噛み砕いて易しく教えてくれます。
現在の人工衛星やロケットは、情報通信技術(ICT)を利用して高度な働きをすることができるようになっています。情報大学では、ICTに関する勉強も勿論できますから、宇宙機器に関する知識とICTに関する知識を身につけて、宇宙ビジネスの世界に羽ばたく人材に成長できるのです。
そんなあなたを待つのはどんな世界でしょうか?ロケットや人工衛星だけが宇宙ビジネスではありません。むしろこれからは、宇宙を通して得られる色々な情報を使って、どんなビジネスに発展させるかという発想こそ大事になるでしょう。宇宙の仕事は多種多様性に富んでいます。
大事なことは、宇宙に関わる仕事って面白そうという感覚です。さあ、あなたも宇宙の世界を目指してみましょう。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ