経営情報学部 システム情報学科

経営情報学部 システム情報学科

経営情報学部 システム情報学科

システム情報専攻

システムエンジニアコース

世の中の生活を豊かにするシステムの開発者へ

システム設計・開発の専門家を目指す
プログラマ/システムエンジニア/プロジェクトマネージャ

システム情報専攻へ戻る

コースの特徴

  • システムエンジニアコース
  • システムエンジニアコース
  • システムエンジニアコース

システム開発に関する基礎をしっかり学べる

クライアント(発注者)のニーズに沿ったシステムの設計・構築を担うシステムエンジニアを育成するコースです。システムエンジニアを目指す上で、データベース、ネットワーク、セキュリティ技術を習熟することが欠かせません。これら技術の基礎を学ぶ科目として、「システム開発基礎I, II」があります。
また、カリキュラムは、IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標である「ITスキル標準レベル2」(基本情報技術者相当)を網羅しており、広くIT技術者になるための基礎を学べます。

専門的&実践的な技術が身につく

基礎の次には、より専門的あるいは実践的な技術を学んでいただきます。世の中にはさまざまな情報システムがありますが、多くの方が日常的に使っているのがWebアプリケーション(ブラウザを通して利用するサービス、スマートフォン用のアプリケーションも含む)です。このWebアプリケーションの設計・構築には、Web技術、より専門的&実践的なデータベース技術、が必要となります。これらを学ぶために「Webアプリケーション基礎」や「データベース」という科目を用意しています。
また、情報システムを支える基盤技術としてネットワークとセキュリティは特に重要です。「ネットワークとセキュリティI, II」で、より専門的な内容を身に付けることができます。さらに「情報システムの設計」では、情報システムを設計する方法論を学ぶことができます。

最新の技術にも詳しい技術者へ

最近、ITを活用して収益を生み出すビジネスモデルとして「デジタルビジネス」という言葉を聞きます。本コースは、これら最新動向を踏まえて作られています。例えば、その代表的な技術であるIoT(Internet of Things)について体系的に学ぶ「IoT技術総論」がカリキュラムに含まれています(3,4年次科目)。

ITでオールマイティプレイヤーに! システムエンジニアは総合力が求められます!

現在のシステム開発は、作るための技術(プログラミング、データベースなど)だけではなく、使う側の知識が求められます。そのため、システムエンジニアは、作る技術と使う知識を合わせた総合力を問われます。逆に総合力があれば、どのような職種にも就くことができます。(事務・販売・サービス職で活躍する卒業生も少なくありません。)

ITでオールマイティプレイヤーに!

中島 潤 教授

先生よりひと言!

深い専門知識と幅広い視野で
高度IT技術者へ

システムエンジニアコース
中島 潤 教授

情報通信システムは、もはや現代社会を支え、発展させるための前提となるもののひとつと言えるでしょう。本コースでは、先進的な情報処理システムの開発を行える高度な情報処理技術者の養成を目標として、情報通信システムの設計や構築・運用に関わる幅広い知識と技術を身につけた、今日の情報化社会に貢献できる人材を育成する教育・研究を行っています。このために本コースでは、プログラミングやデータベース、通信ネットワーク、情報セキィリティ技術などの基礎となる各種技術についての専門的な講義や実習・演習を通じて、実践的な能力や応用力を育成していきます。また同時にこれらを通じて、情報社会の基盤づくりに貢献できる広い視野と論理的思考力、他者との的確なコミュニケーション能力を兼ね備えた人材を養成します。
昨今の環境問題やエネルギー問題、高齢化問題といったさまざまな社会課題の解決や、安全・安心で快適な生活の実現・維持・発展に向け、これからも情報通信技術とそれを基盤とする持続的イノベーションの推進と強化が必要とされます。みなさんには、そうした情報社会における技術革新の主役として活躍されることを期待しています。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ