経営情報学部 システム情報学科

システム情報専攻

システムエンジニアコース

ネットワークを熟知したシステムエンジニアへ

プログラマ、システムエンジニアを目指す
プログラマ/システムエンジニア/プロジェクトマネージャ

システム情報専攻へ戻る

コースの特徴

  • システムエンジニアコース
  • システムエンジニアコース
  • システムエンジニアコース

システムを「作る」力を養うと
当然「使う」力も身につく

クライアントのニーズに沿ったシステムの設計・構築を担うソフトウェア開発技術者(プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャなど)を育成するコースです。高度インターネット社会に対応したクリエイティブな技術を提供できるよう、さまざまな実践を経験しながら実力を磨きます。
システムを「作る」力がある人は当然ながら「使う」力もあるということ。つまり将来の道は技術者だけではないということです。想定される就職先は幅広く、コンピュータを利用する会社なら、あらゆる場面で活躍可能です。

理論&実践で確実に専門力アップ

学習領域は広範です。システムエンジニアを目指す上での基本となる部分は「情報システムの設計」の授業で、システム構造を図で表現するモデリングなど基本全般を理解します。演習も豊富に行います。「データベース」では、企業システムにおいて必修のデータベース設計とデータベースを使ったWebアプリケーション開発について演習を中心に学びます。
応用分野としては、ディジタルビジネス時代の中心的な技術であるIoT(Internet of Things)について体系的に学ぶ「IoT技術総論」を開講しています。
「ネットワークとセキュリティⅡ」では、コンピュータやコンピュータ中のデータを、悪意ある攻撃から守るにはどうすればいいか、最近のネットワーク技術とセキュリティについて理解します。パスワード管理といった身近な話題などにも視野を広げ安全を考えます。

世界を楽しくする技術者へ

日進月歩で変化する技術すべてに瞬時に対応することは困難ですが、ソフトウェア開発に携わる人ならある程度トレンドを把握しておかなければなりません。このコースではそうした最新の技術についても随時ふれます。企業が発展し、生活が便利になり、毎日が楽しくなるITを広い視点で考えていきます。

ITでオールマイティプレイヤーに! ITでオールマイティプレイヤーに!

システムを作る知識を持っている人は、当然ながら使う知識にも優れています。就職でいえばメーカーも流通・販売・サービスも対象にできるということ。ITに詳しくなればあらゆる企業・職種で活躍可能です。実際、システム情報学科の卒業生の40%近くは技術系以外の仕事に就いています。事務・販売・サービス職に就く人も少なくありません。

ITでオールマイティプレイヤーに!

内山 俊郎 教授 システムエンジニアコース

先生よりひと言!

深い専門知識と幅広い視野で
高度技術者へ

システムエンジニアコース
内山 俊郎 教授

情報システムの設計や実装を行うIT技術者(主にシステムエンジニア)を目指すコースです。インターネット上で実現されている便利なサービスなど、IT社会の基盤を支えているのが情報システムです。作るシステムの目的や傾向は時代とともに変化しますが、情報システム自体の重要性はますます高くなるでしょう。この設計・実装は小手先の知識では対応できません。深い専門知識と幅広い視野、例えば情報システムを含むプロジェクト全体を俯瞰するプロジェクトマネジメントの考え方や、個別の要素技術(データベース、セキュリティ、ネットワーク、プログラミング)が必要です。
広範囲な知識・教養+深い専門知識を身につけてください。そして新しい専門分野の知識が必要となった時のために、それを勉強する意欲と方法(学び方を学ぶ)を身につけてください。このコースにはいろいろな講義、いろいろなゼミがあります。興味があることについて一歩踏み込んで学ぶことが上記に通じ、それが社会で求められています。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ