ハラスメント防止ガイドライン

HOME > 大学案内 > 情報公開 > ハラスメント防止ガイドライン

1.ガイドラインの目的

北海道情報大学は、あらゆるセクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント等に反対し、その防止に全力をあげて取り組みます。
北海道情報大学は、構成員がその人格や人権を尊重され、かつ安全で公正な環境の下での勉学・教育・研究・課外活動・就労が保障されることを目指して、ハラスメント防止ガイドラインを制定します。
本ガイドラインは、本学の構成員を適用の範囲とし、また、被害者または加害者とされる者に適用範囲の者が含まれる場合に対象とし、キャンパスの内外を問わず適用ないし準用することとします。

ハラスメント防止ガイドライン

2.セクシャル・ハラスメント
とは何か

セクシュアル・ハラスメントとは、勉学・教育・研究・課外活動・就労などの場面において、優位な立場や権限を利用し、逆らえない立場にある者に対して行われる性的な強要や働きかけ、また、これらの言動により相手方や周囲に屈辱感や不快感を抱かせることをいい、人権侵害にあたります。
立場や権限が同等程度の場合でも、前述と同様に相手方や周囲が屈辱感や不快感を抱いたとき、セクシュアル・ハラスメントは成立します。
さらに、性的な言動、性的な図画や文書の提示等により、屈辱感や不快感を抱かせるような勉学・教育・研究・就労環境を作り出し、個人の人格や尊厳を傷つけることも含まれます。

3.アカデミック・ハラスメント
とは何か

アカデミック・ハラスメントとは、勉学・教育・研究に関連する場面において、教員等の権威的地位を有する者が、優位な立場や権限を利用し、または職務を逸脱して、逆らえない立場にある者に対して行われる、精神的な面を含めて教育を受ける権利の侵害や学業の妨害、教育や研究の妨害、教育や研究に関わる職務の妨害等の結果に至る、不適切な言動や差別的待遇等の妨害行為をいい、人権侵害にあたります。

4.大学の責任と構成員の義務

北海道情報大学は、セクシュアル・ハラスメントおよびアカデミック・ハラスメント等に対する大学の責任を認識し、責任の所在を明らかにします。本学は、ハラスメント防止委員会を設置し、ハラスメント防止および排除のための施策全般について責任を負います。
北海道情報大学のすべての構成員は、ハラスメントを行わないように努める義務を負います。

5.ハラスメントを起こさないために

(1)ハラスメントは、大学の構成員相互の人格の尊重と、良識ある生活態度によって防止されるものです。

わたしたちは、誰でもハラスメントの被害者になる可能性があると同時に、ハラスメントを起こしうる可能性もあります。無意識のうちに相手に不快な思いをさせたり、相手の心をひどく傷つけていることも多く、日頃から相手の気持ちを気遣うように心がけ、お互いに意識を高めてゆかなくてはなりません。ハラスメントを起こさないために、日々の自らの言動をチェックしましょう。

互いの考え方、感じ方が人によって異なることを認め合い、好意が「思い込み」でないか注意しましょう。個々人が何を不快に思うかについて、敏感になりましょう。
ふだんの人間関係のあり方や、その場の状況に配慮しましょう。
相手に不快感を与える言動を、無害なあいさつや、好意の表現として正当化できないことを自覚しましょう。
「どこまでなら許されるか」という低レベルで考えるのではなく、人間の尊厳を尊重した判断を心がけましょう。
自分の行いがハラスメントにあたるかどうか迷ったら、自分の家族がそのような行為にあったらどう思うか考えてみましょう。
社会的地位・権限を持つ相手に対しては、拒否できないこともあります。明確な意思表示がないからといって、それを合意と勘違いしないようにしましょう。
自分の周囲のハラスメントを黙認せずに、ハラスメントにあたる言動には注意を与えるとともに、ハラスメントを受けている人をサポートしましょう。

(2)北海道情報大学では、ハラスメント防止のために、以下の施策を実施します。

本学に、ハラスメント防止委員会と相談窓口を設置します。
全学の構成員に、「北海道情報大学ハラスメント防止ガイドライン」ならびに「ガイドラインの解説」を配布し、常に身近なところにおいて活用するよう呼びかけます。
新入生オリエンテーションならびにガイダンスの機会を活用して、ハラスメントに対する認識を啓発し、深めます。
全学の構成員を対象に、ハラスメントに関する研修会、講演会の機会を設けます。
年度ごとに「北海道情報大学ハラスメント防止委員会」の活動報告をまとめ、必要に応じてハラスメントに関する実態調査を行います。

6.万が一、
ハラスメントが起きてしまったら

(1)万が一、あなたがハラスメントにあったときの対処の仕方について、日頃から考えておきましょう。

相手の言動を「不快」と感じたら、「やめて下さい」と言葉や態度ではっきり伝えましょう。
信頼できる人に相談するなど、行動を起こすとともに、いつ、どこで、誰から、どのようなことをされたのか等について、きちんと記録をとりましょう。

(2)相談窓口を利用しましょう。

ハラスメントにあったら、一人で悩んでいないで、相談窓口に相談員をたずねましょう。親身に話を聞いてくれる人に話すことにより、自分の気持ちを整理することができます。さらに今後の手続きについて知ることができます。
相談は、面接・電話・手紙・電子メールのいずれでも受け付けます。匿名の相談も受け付けます。
あなたの氏名やあなたの相談内容など、あなたのプライバシーは完全に保護されます。安心して相談して下さい。
自分の周囲にハラスメントにあっている人がいたら、相談にのってあげましょう。相談員のところに同行してあげたり、証人になってあげましょう。相手の信頼を認識して、みだりに他人に話したりすることは慎みましょう。

(3)調停・救済機関が設置されています。

本学では、ハラスメント行為への公正な対処を行うため、相談窓口とは別に、調停を行う救済機関として、ハラスメント防止委員会を設置しました。
相談内容は、相談員によって報告書にまとめられ、ハラスメント防止委員会におくられます。
ハラスメント防止委員会は、問題解決のために調停を行います。この場合、被害者の意思を最大限尊重すると共に、被害者のプライバシー保護に留意します。
相談員とハラスメント防止委員会は、定期的に協議の場を設け、意思の疎通をはかります。

7.見直しと改定

「北海道情報大学ハラスメント防止ガイドライン」、「北海道情報大学ハラスメント防止委員会規程」等の諸規程は、必要に応じて見直しを行います。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ