お知らせ

HOME > お知らせ > 先端経営学科の金間大介准教授が、日本知財学会2011年度秋季シンポジウムで表彰されました

先端経営学科の金間大介准教授が、日本知財学会2011年度秋季シンポジウムで表彰されました

2011年11月28日(月)に、東京・青山の機械産業記念事業財団(TEPIA)ホールにて、日本知財学会2011年度秋季シンポジウム「経営貢献を目指した研究開発マネジメント~知的財産の視点を含めて」が開催され、平成23年度TEPIA知的財産学術研究助成表彰式において、先端経営学科の金間大介准教授が表彰されました。

財団法人機械産業記念事業財団(TEPIA)は、日本知財学会の協力を得て、知的財産分野における優れた学術研究成果に対する表彰事業、および同分野における優れた研究計画を支援する助成事業を実施しており、この度、本学の金間大介准教授が「平成23年度 TEPIA知的財産学術研究助成」に採択されました。
http://www.tepia.jp/chizai/chizai/summary_kenkyu.html


採択された研究テーマは、『研究者の知識創造性を高めるモチベーション・マネジメントの研究』です。この研究では、実際に研究開発の最前線で活躍している研究者・技術者を対象とした質的調査研究を行い、彼らのモチベーションの向上・低下要因を明らかにすることを目的としています。


s1.jpg
表彰式における受賞スピーチの様子

s2.jpg表彰式後の記念撮影:軽部日本知財学会会長・福川機械産業記念事業財団会長・阿部TEPIA知的財産事業選考委員長らと共に

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ