お知らせ

HOME > お知らせ > 情報メディア学部OB・中村啓一君の卒業研究作品が札幌国際短編映画祭に入選!

情報メディア学部OB・中村啓一君の卒業研究作品が札幌国際短編映画祭に入選!

 今年10月に札幌市で開催される国内最大級の短編映画祭「札幌国際短編映画祭」に、本学情報メディア学部の卒業生・中村啓一君の短編映画「インナー・チャイルド」が入選した。

 この作品は中村君が卒業研究で制作した短編映画で、社会問題の一つとして存在する「ドメスティック・バイオレンス」を題材に、自己の内面と向き合うことの大切さを描いた約19分のドラマ作品。中村君は現在、本学の研究生として在籍しており「目標としていた映画祭なので入選できて嬉しい。たくさんの人に見ていただけたら」と語る。

 映画祭は2011年10月5日(水)から10日(月)まで、札幌の東宝プラザをメイン会場に開催される。「インナー・チャイルド」は日本の秀作を紹介する「ジャパン・オフ・シアター」プログラムで上映される。上映会場はシアターキノ(札幌市中央区南3西6)を予定。上映日時等の詳細は決まり次第、ホームページ等でニュースリリースされる。

札幌国際短編映画祭 公式ホームページ
http://sapporoshortfest.jp/

・札幌国際短編映画祭について
 2006年よりSAPPOROショートフェスト実行委員会と札幌市によって開催されている国内最大級の国際短編映画祭。2011年度は世界 88ヵ国の国と地域から2,291作品の応募があった。入選作はフィルムメーカー部門: 4名、作品部門58作品、北海道コンペティション部門:4作品、ジャパン・オフ・シアター部門:43作品(アウト・オブ・コンペティション)。

 

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ