お知らせ

HOME > お知らせ > 訪日外国人に向け「北海道の魅力を紹介する動画」の提供を開始

訪日外国人に向け「北海道の魅力を紹介する動画」の提供を開始

北海道情報大学(所在地:札幌市江別市、学長:澤井 秀)は、産学連携プロジェクトを立ち上げ、まだ伝えきれていない北海道の魅力を、その地域に暮らす学生の視点で発掘し、訪日外国人(以下、インバウンド)向けに動画で紹介する取り組みを開始しました。第一弾としてインバウンドに人気がある札幌の観光スポットを集めた「札幌乙女の厳選スポットガイド」の提供を開始します。本動画を提供することで、若い世代のインバウンドの満足度や集客数の向上など、地域への貢献を目指しております。本プロジェクトは、株式会社日立ソリューションズ東日本(本社:宮城県仙台市、取締役社長:八田 直久/以下、日立ソリューションズ東日本)も参画し、必要な技術やノウハウの提供、学生に対する支援活動などを行なっています。

近年、全国的にインバウンド拡大の傾向は続いており、特に北海道は人気の観光地としてその数を大きく伸ばしています。拡大するインバウンドの興味は、有名な観光スポットから、徐々に、まだ知られていない観光スポットに移ってきており、この期待に応える情報の提供が望まれています。
魅力ある情報の提供には、受け入れ側である地域住民などによる「新鮮で、かつ、驚きのある」情報の継続的な提供の仕組みが必要です。

今回提供を開始する「札幌乙女の厳選スポットガイド」は、学生の独自視点での観光スポットの映像と音声によるナレーション、多言語での字幕スーパーで、観光スポット魅力をわかりやすく伝える内容になっています。北海道情報大学の学生が主体となり、観光地の選定から、撮影、編集、選曲、ナレーションまでを、全て同大学の学生が企画しました。また、学生のデザイン力・創造力・地域目線を活かし、地元の学生ならではの視点を取り入れた北海道の厳選スポットを発信する「インバウンド向けの観光スポットの紹介動画」となっています。
動画の制作については、(株)日立ソリューションズ東日本の旅行者向けスマホアプリ「たびろくムービーズ」を活用し、手間がかかる動画の制作を効率的に行なうこととしました。簡単に動画が制作できるため継続的な動画の配信を可能とします。

今後、本プロジェクトでは、「札幌乙女の厳選スポットガイド」の配信を皮切りに、紹介エリアを道北や道東に拡げ、また紹介動画のバリエーションを増やし、北海道の魅力の拡散活動を推進、地域が主体となって情報提供する取り組みを継続していきます。またインバウンドの移動情報などの分析や活用を産学連携で進め、地域の情報活用などを通じて、地域に密着した活動を推進し、地方創生へ貢献して行きます。

tabiroku1.png tabiroku2.png

■報道機関からのお問い合わせ先
〒069-8585
江別市西野幌59番2
北海道情報大学 経営情報学部 長尾
電話:011-385-4411(内線 127)
Fax:011-384-0134
Email:nagao@do-johodai.ac.jp

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ