お知らせ

HOME > お知らせ > トピックス > 第14回観光情報学会全国大会で本学学生が研究発表を行いました

第14回観光情報学会全国大会で本学学生が研究発表を行いました

 201771日・2日に静岡県立大学(小鹿キャンパス)で開催された『第14回観光情報学会全国大会-ポスト・インバウンドに向けて次世代の観光情報学を考える-』において,システム情報学科4年生の黒澤彩華さんが研究発表を行いました。また,情報メディア学科教員が,学生プロジェクト(江別市リアル謎解きゲーム問題制作プロジェクト)の活動を報告しました。

14回観光情報学会全国大会プログラム
http://ustv.u-shizuoka-ken.ac.jp/sti2017/program/

<本学関連の研究発表タイトル>

 観光振興に向けた学生による地域の魅力発信 〜たびろくムービーズ動画テンプレートの制作〜
黒澤彩華, 長尾光悦, 斎藤一(北海道情報大学), 佐藤信吾, 辺見吉克(日立ソリューションズ東日本)

 江別市リアル謎解きゲーム問題作成プロジェクト実践報告
斎藤一, 黒島慧, 西尾拓哉, 荻ノ沢太祐(北海道情報大学)

 旅行サイトの口コミデータから探る国別の観光ニーズ 英語・中国語・日本語の口コミに関する考察
宋爽(北海道大学), 斎藤一(北海道情報大学), 川村秀憲(北海道大学)

(北海道大学大学院博士課程2年生の宋爽さんは,本学大学院修士課程の修了生です。)

IMG_9538.jpg

(写真右:黒沢彩華さん,左:宋爽さん)


IMG_9544.jpg

IMG_9547.jpg

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ