お知らせ

HOME > お知らせ > トピックス > 北海道映像コンクール学生部門で優秀賞受賞

北海道映像コンクール学生部門で優秀賞受賞

 今年1月7日、日本テレビ映画技術協会が主催する第16回北海道映像コンクールの表彰式が行われ,情報メディア学部4年の櫻井麻友香さん(多田ゼミ所属)の映像作品「どっちでも」が、学生部門で優秀賞を受賞しました。

 このコンクールは、道内の各放送局や制作会社などのプロの作品を対象にしたもので、学生部門では、昨年に続き連続受賞となります。

 

 受賞作品は、何事も自ら決断しようとしない、モラトリアム人間の主人公を通して、あいまいに生きる若者の姿を描いたものです。

「どっちでも」というキーワードで象徴し、現代の若者たちの実像に迫った演出が高く評価されました。表彰式では、優れた撮影技術、編集技術に加え、リアルとバーチャルを行き来し、時間を浪費し、ぎりぎりまで状況保留する若者の本質を見事に描き出したこと、同世代の若者たちへの強い関心と、深い洞察力を持って、リアリティのある作品に仕立てたことが受賞に結び付いたと講評されました。

 

 

20110107-1s.jpg受賞者記念撮影

20110107-2s.jpg

受賞後、優秀賞を受賞した櫻井麻友香さんとゼミ担当:多田客員教授

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ