お知らせ

HOME > お知らせ > トピックス > 本学生が第10回札幌国際短編映画祭で入選

本学生が第10回札幌国際短編映画祭で入選

 札幌国際短編映画祭は今年10周年を迎え、今年は世界
99の国と地域から3,321作品の応募がありました。日本
国内からの応募は243作品、そのうち北海道作品は42
作品。ノミネート作品はその約5%と非常にレベルが高く、
国内でも最大級の短編映画祭です。  本学の情報メディア学部3年生10名(平成26年度)が
中心となって制作した短編映画「へたっぴ」は、この難関
を乗り越え、ジャパン・オフシアター部門に入選いたしま
した! これで本学で制作した作品は4年連続の入選となります。  今年の審査委員長は大林宣彦監督、審査委員には「水曜
どうでしょう」の鈴井貴之さんも名を連ねており、10周年
にふさわしい豪華なゲストが国内外から招かれています。
ぜひ、この機会に御覧ください。 ▼映画祭 2015年10月7日(水)~ 10月12日(月・祝) http://sapporoshortfest.jp ▼「へたっぴ」上映 ジャパンオフシアター「北海道セレクション」 上映日:10月7日(水) 会場:シアターキノ
  (札幌市中央区南3条西6丁目南3条グランドビル2F) 時間:21:00~23:00 チケット:前売1,100円/当日1,300円 http://sapporoshortfest.jp/15/ticket/ ___________ 作品について 作品名:「へたっぴ」
    (Fiction/ドラマ/10:55/Japan /2015) (あらすじ) 小学校4年生の優人はサッカーが大好き。だけど、ヘディ
ングがとても下手。ある日、サッカークラブのコーチに「
ヘディングのテストに失敗したらクラブをやめろ」と言わ
れてしまう。優人は必死に特訓を始める。 ▼チームメンバー*: プロデューサー:清野遼、岩崎晃太 監督:小川沙織 助監督:山間郁瑠 撮影:大野祥平 照明:寺田和代 録音:田嶋伸章、岩崎晃太 美術:打田唱人 制作:近藤真菜、中野賢人、阿部泰明 *現在は情報メディア学部4年生 (監督より) 私は今とてもやりたいことがあるのですが、それはいろい
ろな事情で出来なくなりそうなのです。でもすごくやりた
いです。だから、これは自分のためのものなのかもしれま
せん。自分に向けて、そして自分と同じ境遇の人に向かっ
てこの作品を見てもらって勇気を出してほしいと考えてい
ます。 (予告編がyoutubeでご覧いただけます) https://www.youtube.com/watch?v=PsYlK2gagro
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ