南京大学

HOME > 国際交流 > 南京大学

大学紹介

南京大学(Nanjing University)の創立は1902年。中国国家教育委員会直属の重点総合大学で、中国でもっとも歴史ある大学のひとつとして知られています。最近では北京にある精華大、北京大と並ぶ全国上位の大学として認められ、さらなる大学設備の充実や教育機関としての向上を図っています。
大学は36学部、69学科、大学院は修士課程103専攻、博士課程52専攻を設置。全学生約1万7000人を誇り、2000人以上の教授、助教授、博士課程の担当教官が教育に当たっています。なおキャンパスは南京中心部の鼓楼地区と郊外の浦口地区に分かれています。
国際交流にも積極的な取り組みを見せており、今までに世界70以上の国や地域からの留学生を受け入れてきました。年間では韓国やドイツなどから約200人前後が在籍し、日本からの留学生も増えています。中国語初心者には経験豊富な教師が語学教育にあたるなど、海外留学に対する体制はますます充実しています。


  • 南京大学
    キャンパス

関連リンク

南京大学のホームページはこちら

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ