実践経験豊かな教授陣

HOME > 実践経験豊かな教授陣 > 奥村 昌子先生

経営情報学部 准教授
管理栄養士

奥村 昌子先生奥村 昌子先生

奥村 昌子先生

PROFILE プロフィール
北海道大学大学院医学研究科修士課程修了。管理栄養士。枝幸町保健福祉課、月形刑務所勤務、酪農学園大学助手、講師を経て本学准教授。専門は食と健康、栄養教育、国際保健。日本栄養改善学会等所属。JICA(独立行政法人国際協力機構)など社会的活動多数。
担当科目
ゼミナールI, ゼミナールII, ゼミナールIII, 卒業論文, 栄養学, 食品化学, 食品関連法規

先生に質問です!

Q 1.大学の先生になる前はどんなことをしていましたか?具体的にどんな仕事ですか?
A 保健センターと刑務所で管理栄養士として仕事をしていました。保健センターでは赤ちゃんから高齢者まで住民の方が“健康”に暮らすための食環境を整備する仕事をしていました。健診、家庭訪問、食事と健康に関するイベント開催、医療や教育機関、飲食店など食に関係する人たちの体制づくりをしてきました。現在は本学で教鞭をとりながら、インドの農村部の妊婦さんと子どもたちを対象に、現地で保健活動と健康な村づくりの実践に取り組んでいます。グローバルな時代に対応し、これからは日本の若い人たちにも広い視野を持つことが大切と思っており、私が見てきたことや経験したことはどんどん皆さんに伝えたいと思っています。
Q 2.大学ではどんな専門分野を教えていますか?
A 栄養学と食品化学を担当しています。栄養学では、食事から摂った栄養が私たちの体の中でどのように働いているか、また、栄養と病気の関係を学びます。栄養摂取状況と病気を相互に見ていくことは医療情報の活用例といえます。食品化学では、食品の持つ栄養や特性、調理や加工との関係などを勉強します。美味しいとまずいの差はどこにある? 人によって甘いとか酸っぱいの感じ方が違うのはなぜ?不思議ですよね。これらの謎を解く学びが、自分の食事や身の回りの食品について見直すきっかけになればと思います。
Q 3.具体的にどのような知識と技術が身につきますか?
A 栄養や食品に関する情報は医療情報の一部であり、病院や企業など、将来の就職先で提案やディスカッションができるベースとなることを期待しています。そのため、授業では対象者のニーズに合った食品情報や食システム、食に関する商品のアイディアなどを表現するプレゼンテーションの機会を多く取り入れ、コミュニケーションの力量を高めていきます。多様な情報の中から対象に合った情報を取り出して提供できる知識と技術は、情報処理技術を学ぶ医療情報学科の学生の強みとなることでしょう。
なお、来年度から「健康食品管理士」の資格が取得できるようカリキュラム等の整備を進めています。この資格は、食と健康の問題、食の安全・安心を科学的根拠に基づいて取り扱うことができるリスクコミュニケーターとして認められるもので、これまでは医師や薬剤師、管理栄養士が取得するのが一般的でした。食への関心が高まる現代にあって、専門家として活躍するための裏付けになると注目されはじめているこの資格を、本学は道内の私立大学では初めての認定校として、得られることになります。
Q 4.その知識と技術は社会でどのように生かすことができますか?
A 情報化社会の現代、ビッグデータを活用した健康増進が可能な時代になってきています。そのため、医療や健康、食品や栄養に関する基礎知識と最先端の情報処理技術の両方を修得した人材への期待はとても大きいです。さまざまな情報があふれる中、実社会のニーズに合わせて適切な情報を選択し、応用する医療情報の専門家として社会の健康課題を解決することができます。
Q 5.卒業生はどんな仕事についていますか?
A 国や自治体はさまざまなデータに基づいた健康づくり(データヘルス)を進めています。さらに、多くの企業は健康産業に着目しはじめています。医療情報学科で学ぶことができる医療、健康、食品、栄養とそれらの情報を処理する技術を身につけた人材は、医療・健康情報の専門家として、病院だけでなく自治体や企業などでも活躍することが大いに期待されます。
MESSAGE 受験生へのメッセージをお願いします
食は人を笑顔にすることも、健康にすることもできます。反面、病気の原因となり、人から笑顔を奪うこともあります。だからこそ栄養や食品の知識と情報処理技術を駆使して適切な健康・医療アドバイスをできる人材が必要です。おいしく、賢く食べて、笑顔と健康を獲得する。そんな素敵な環境づくりに貢献する人材を目指して医療情報学科で一緒に勉強しませんか。からだにやさしい食環境を一緒に考えましょう。おいしいものを食べながら。

教員紹介一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ