「平成17年度現代GPフォーラム」レポート


平成18年3月4日(土)に東京ビッグサイトで、「平成17年度現代GPフォーラム」が開催され、本学は平成17年度選定校として、ポスターセッション・グループディスカッションにおいて、選定取組である「ITによるIT人材育成フレームの構築―学習者適応型e-Learningシステムの開発―」について発表を行いました。

ポスターセッションでは、実際に参加者に授業の教材を使用してもらい、冨士経営ネットワーク学科主任、谷川経営情報学部助教授、山北情報メディア学部助教授等が、ポスターやリーフレットを用いて取組の内容についての説明を行いました。説明に対し、熱心に質問をする参加者の姿が多数見受けられました。

本学と同テーマ(「ニーズに基づく人材育成を目指したe-Learning Programの開発」)での他の選定校も各ブースで発表を行っており、本学も含む各選定校はそれぞれの取組について活発に情報・意見交換を行っていました。

<ポスターセッションを行う冨士学科主任>
<来場者に説明を行っている谷川助教授と山北助教授>

グループディスカッションでは、平成17年度選定校の代表として、平成16年度選定校の佐賀大学とともに、冨士経営ネットワーク学科主任が、300名を越える出席者の前で、本学の取組について発表を行いました。同テーマで採択された14校を代表しての本学の発表は、プロジェクトについて、学外に対し広く情報発信できる良い機会となりました。

本フォーラムへの参加にあたって、学外へのアピールや他の選定校との情報交換を行えたことは、プロジェクトのメンバーにとっても、モチベーションの向上や広い視野を得る契機となり、また本学の取り組みを多くの方に知っていただく良い機会ともなりました。

■グループディスカッションのプレゼンテーション資料はこちら

<グループディスカッション会場の様子>
<グループディスカッションで本学の取り組みを説明する
冨士学科主任>

 

 

閉じる