教育GPに採択された本学の取組概要

■本学の取り組み概要

本学の採択された取り組みはICTによる自律的FD推進モデルの構築 −ファカルティポートフォリオシステムの開発、導入による教育の自律機能の実現−」です。

【 概要 】

 大学全入時代を迎えて、大学には、これまでになく多様なニーズを持った学生が増加しています。そのような教育環境の変化の中で、大学全体として教育の質をいかに高めていくかが問われています。本取組は、「ICTによる自律的FD推進モデルの構築」により、教員が教育の質を高めるためのPDCAサイクルを実現することを目的としています。
 例えば米国の大学では、既にICTを授業に活用することによって、教育の質の向上の成果を挙げている例が数多くあります。
 本取組は、教員が各自のパソコンを利用しながら、授業、即ち、PDCAサイクルのDo(授業)の部分のみならず、Plan(授業改善計画の作成)、Do(教材開発、授業)、Check(評価)、Action(研修、自己点検)のサイクルを自主的に行い得るシステム構築のために、ファカルティポートフォリオ(データベース)をコアにした自律的FD推進モデルの構築を目指しています。

【参考資料ダウンロード】
教育GP申請書1(PDF)
教育GP申請書2(PDF)
取組内容説明用資料(PDF)

 

閉じる