HOME > 教員一覧 > チャールズ マクラーティ 先生

チャールズ マクラーティ

経営情報学部 システム情報学科 教員

チャールズ マクラーティ 先生 Charles McLARTY

所属
経営情報学部 システム情報学科
職名
准教授

2016/05/11 更新

研究室
312
担当する授業
英語表現1, 2
研究分野
言語学、異文化間のCommunication, 北海道の国際化
(日本人と外国人がどのようによりgoodなcommunicationができるのかということです。)
専門及び
研究内容
英会話、英語教授法
My special interest is in how Japanese and foreign people communicate, both verbally and non-verbally
略歴
1981, 6/15 Portland State University-English Literature and Teaching English as a Second Language ( B.A. )
1987, 6/15 Monterey Institute of International Studies-Japanese Studies ( M.A. )
1989, 4/1 北海道工業大学、札幌大学 ( 非常勤講師 )
1991, 4/1 札幌学院大学 ( 外国人教師 )
1993, 4/1 北海道情報大学 ( 講師 )
2000, 4/1 北海道情報大学 ( 准教授 )
学位
1987,Monterey Institute of International(M.A.)
主な研究業績
著書:
• Getting Around-Intermediate English Conversation, 電子開発学園出版局、1995
• Getting Around-Idioms in American Life (改正版) 丸善プラネット出版、2000
• L.I.V.E.-A Vocabulary Building Textbook for Japanese Students (挙猪), アイワード(株),2005

論文:
• “How International Is Hokkaido? Empirical Research On Attitudes Toward Globalization,” 北海道情報大学紀要、1994年3月、第5巻第2号
• “The Nihongo Challenge: Hokkaido Foreign Residents Tackle The Japanese Language,”
• 北海道情報大学紀要、1994年9月、第6巻第1号
• Error Analysis: A Systematic Study of the Mistakes Made by Japanese Students in English
• Composition, 北海道情報大学紀要、1995年9月、第7巻第1号
• 「日本人の外国人への思い込みとは」Japan Communication Association, 北海道支部大会の学会発表、1998年、3月。
• “Distance Education, H.I.U. and English 5: Lessons Learned On The Air,” 北海道情報大学紀要、2000年9月、第12巻第1号
• “What’s In An Idiom? Teaching HIU Students Idiomatic English In English 5 and English 7
• Classes,” 北海道情報大学紀要、2005年 第18巻第1号
• “The Free Trade Area-Asia Pacific ( FTAAP ) Proposal From An American Perspective,”
• 北海道情報大学紀要、2008年、10月第20巻第1号

その他:
• 「これから留学する学生へのアドバイス」ななかまどう、2006年、9月。
所属学会及び
各種委員
Japan Communication Association (日本コミユニケーシヨン学会),
JALT (日本全国語学教育学会),
JACET (日本の大学英語教育学会)
地域協力・
産学連携
江別市民を対象としての英会話サークル
気軽参加できる英語の指導
社会活動
中国人留学生に時事英語の指導

大学の先生になる前は何をしていましたか?

様々なアルバイトをやっていました。
新聞配達、食料品店の手伝いなど

高校生へのメッセージ

Hang in there! (やればできるよ。)

担当する授業

  • 英語表現1, 2

趣味

Sports (スポーツ全般), Travel, 人間watching, など

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ