HOME > 教員一覧 > 岸田 一 先生

岸田 一

情報メディア学部 情報メディア学科 教員

岸田 一 先生 Hajime KISHIDA

所属
情報メディア学部 情報メディア学科
職名
教授

2017/01/24 更新

研究室
222
担当する授業
Webプログラミング演習、Webアプリケーション開発演習、ネットワーク管理、ゼミナールI、ゼミナールII、卒業研究、インターンシップ
ゼミの概要
ゼミの特徴を一言で言えば「プログラミング指向」で、IT企業(SE/プログラマ)に就職したい学生を対象とした、プログラミングが主体の卒業研究です。 具体的なテーマとしては、Androidアプリ、Webアプリケーション、ゲームプログラミングなどです。蒼天祭で卒研成果をデモンストレーションしてもらいます。
研究分野
分散処理、データベース、オペレーティングシステム、ネットワーク、オントロジー工学
略歴
1978年3月 広島大学総合科学部卒業
1980年3月 広島大学大学院環境科学研究科 修士課程修了
1980年4月 沖電気工業株式会社
1984年8月 Carnegie Mellon Univ.(客員研究員)
2004年10月 株式会社沖データ
2009年6月 大連理工大学(客員教授)
2012年4月~ 北海道情報大学情報メディア学部 (教授)
学位
博士(工学) 2007年山梨大学
主な研究業績
論文
・"A Study on Haptic Media to Support Verbal Explanations",Proceedings of 19th International Conference on Interactive Collaborative Learning (ICL2016), pp. 509-520, Sep. 2016 (共著)
・"Ontological Considerations on Device User Interfaces in Ubiquitous Environments", Proceedings of the 15th International Conference of International Academy Physical Sciences, Dec. 2012 (単著)
・“FIESTO: An Ontology-based Method to Control Devices Using Natural Language”,Proceedings of the 3rd International Conference on Awareness Science and Technology, pp. 57-63, Sep. 2011 (共著)
・“A Method for User-centered Interface Customization and Development of a Prototype System”, Proceedings of 2010 Second World Congress on Software Engineering, pp. 197-200, Dec. 2010 (共著)
・“Analysis of Environmental Factors for a WLAN Location System using an Estimated Radio Map”, Proceedings of the 12th IEEE International Conference on Communication Technology, pp. 946-949, Nov. 2010 (共著)
・“A Semantic Mapping Model for User-Defined Interfaces Based on Functional Ontology”, Tsinghua Science and Technology ISSN 1007-0214(the 4th Chinese Semantic Web Symposium), pp. 133-140, Aug. 2010 (共著)
・“AN AREA ZONING BASED WLAN LOCATION SYSTEM”, Proceedings of 2009 International Communication Conference on Wireless Mobile & Computing, pp. 437-440,Dec. 2009 (共著)
・“Performance Evaluation of Locality in SSDLM for Distributed Lock Management”, Proceedings of the 17th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems, pp. 483-489, Nov. 2005 (共著)
・“Design and Implementation of SSDLM: A Distributed Lock Manager with Shared Lock Locality”, Proceedings of the 16th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems, pp. 130-136, Nov. 2004 (共著)
・“SSDLM: Architecture of a Distributed Lock Manager with High Degree of Locality for Clustered File System”, Proceedings of 2003 IEEE Pacific Rim conference on communications, computers and Signal processing, pp. 9-12, Aug. 2003 (共著)
所属学会及び
各種委員
情報処理学会
ACM
IEEE Computer Society

どんな専門分野を教えていますか?

WebアプリケーションやAndroidアプリの開発、およびその基礎となるプログラミング、データベース、ネットワーク、分散処理、オントロジー工学など。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

研究所において研究開発(ネットワーク、RDBMS、UNIX、分散処理)、システム事業部において銀行系業務システム開発、USA各所での延べ8年半にわたる海外勤務(研究開発とビジネスアライアンス)、海外大学とのICT関連の共同研究開発

高校生へのメッセージ

まず目標を立ててください。
そうすると、自然とその方向に向かって努力するようになり、その努力が幸運をよび、最終的に達成できることが多いようです。

担当する授業

  • Webプログラミング演習、Webアプリケーション開発演習、ネットワーク管理、ゼミナールI、ゼミナールII、卒業研究、インターンシップ

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ