HOME > 教員一覧 > 尾崎 博一 先生

尾崎 博一

経営情報学部 システム情報学科 教員

尾崎 博一 先生 Hirokazu OZAKI

所属
経営情報学部 システム情報学科
職名
教授

2017/06/20 更新

研究室
301
担当する授業
ICT入門、オペレーティングシステム、ネットワークとセキュリティI、組込みシステム開発、情報専門演習、ゼミナールI,II,III、卒業論文、組込みシステム論(大学院)
ゼミの概要
インターネットに接続されるコミュニケーションロボットを用いて、システム開発およびプログラミングの技術を修得します。 卒業研究では、この応用として人間とロボットのコミュニケーションの質を向上させ、ロボットの社会用途活用の領域を拡大することを目的に研究を行います。
研究分野
コンピュータネットワーク、通信システム、信頼性
専門及び
研究内容
コンピュータネットワークの信頼性の研究をしています。
ネットワークを介して予備リソースを共有する様々な耐障害システムをモデル化し、通信の信頼性を利用者の観点から数学的に解析しています。
略歴
1983年3月 京都大学工学部電気工学科卒業
1985年3月 京都大学大学院工学研究科 電子工学専攻 修士課程修了
1985年4月 NEC(~2011年3月)
2007年12月 会津大学大学院非常勤講師(~2014年3月)
2009年9月 会津大学大学院コンピュータ理工学研究科 博士後期課程修了
2011年4月~ 北海道情報大学経営情報学部 教授
学位
博士(コンピュータ理工学)
主な研究業績
論文:
(1) Ozaki H, Optimal configuration of M-for-N shared spare-server systems. International Journal of Information and Communication Technology (ISSN: 1466-6642), Inderscience. In press
(2) Ozaki H, Availability of 1-for-2 shared protection systems with general repair-time distributions.
Telecommunication Systems (ISSN: 1018-4864), Springer 2015 58(1): 3-16 DOI: 10.1007/s11235-014-9863-x
(3) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of Unrepairable Shared Protection Systems with Functionally Identical Unit. International Journal of Systems Science (ISSN: 0020-7721), Taylor & Francis.
2012 43(5): 869-883 DOI: 10.1080/00207721.2010.543477
(4) Ozaki H., Kara A., Reliability analysis of 1-for-2 shared protection systems with general repair time distributions. Applied Mathematical Modelling. (ISSN: 0307-904X), Elsevier 2012 36(1): 333-347 DOI: 10.1016/j.apm.2011.05.056
(5) Ozaki H., Kara A., Reliability analysis of M-for-N shared protection systems with general repair time distributions. IEEE Transactions on Reliability (ISSN: 0018-9529) 2011 60(3): 647-657 DOI: 10.1109/TR.2011.2160669
(6) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. Service-Level Assurance of High Availability Multi-Unit Systems using the M-for-N Backup Scheme. Quality and Reliability Engineering International (ISSN: 0748-8017), John Wiley and Sons Ltd. 2011 27(7): 895-903 DOI: 10.1002/qre.1179
(7) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-Perceived Reliability of Shared Protection Systems with the Erlang type-k Repair Scheme. International Journal of Information and Communication Technology (ISSN: 1466-6642), Inderscience. 2011 3(3): 209-226 DOI: 10.1504/IJICT.2011.041925
(8) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of Priority Shared Protection Systems. International Journal of Quality & Reliability Management. (ISSN: 0265-671X), Emerald 2011 28(1): 95-108 DOI: 10.1108/02656711111097562
(9) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of M-for-N (M:N) Shared Protection Systems.
IEICE Trans. INF.& SYST. (ISSN: 1745-1361) 2009 E92-D(3): 443-450 DOI: 10.1587/transinf.E92.D.443

査読付き国際講演論文:
(1) Ozaki H. User-perceived availability of M-for-N shared spare-server systems with general repair-time distributions. Proceedings of the IEEE International Conference on Awareness Science and Technology and Ubi-Media Computing (iCAST-UMEDIA), Aizu-Wakamatsu, Fukushima, November 2013. IEEE Computer Society Conference Publishing Services (CPS): 2013; 735-740 DOI: 10.1109/ICAwST.2013.6765534
(2) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-Perceived Reliability of Shared Protection Systems with a Finite Number of Repairers. Proceedings of IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT) Xiamen, China, October 2009, IEEE Computer Society Conference Publishing Services (CPS): 2009; 3-8 DOI 10.1109/CIT.2009.44
所属学会及び
各種委員
IEEE、電子情報通信学会、日本ロボット学会

どんな専門分野を教えていますか?

コンピュータやネットワークの技術の基礎、組み込みシステムの開発などを教えています。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

大学卒業後26年間、電機メーカーで技術者として光ネットワーク装置の開発をしていました。

高校生へのメッセージ

北海道情報大学は情報通信技術に特化している非常にユニークな大学です。
本学でコンピュータやネットワークの技術をしっかり学び、優秀な情報技術者として社会で活躍してみませんか。

担当する授業

  • ICT入門、オペレーティングシステム、ネットワークとセキュリティI、組込みシステム開発、情報専門演習、ゼミナールI,II,III、卒業論文、組込みシステム論(大学院)

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ