HOME > 教員一覧 > 佐藤 浩樹 先生

佐藤 浩樹

医療情報学部 医療情報学科 教員

佐藤 浩樹 先生 Hiroki SATOH

所属
医療情報学部 医療情報学科
職名
教授
保健センター長

2017/04/05 更新

研究室
329
担当する授業
「臨床医学Ⅱ」、「臨床医学Ⅲ」、「臨床医学Ⅳ」、「循環器学」、「呼吸器学」、「ゼミナールⅠ」、「ゼミナールⅡ」、「ゼミナールⅢ」、「卒業論文」、「医療情報演習」
ゼミの概要
医療系資格取得およびプレゼンテーション能力をつけるための指導を行っています。
研究分野
内科学(循環器内科学、総合内科)、産業医学、医療統計学
略歴
1988年3月 北海道大学医学部医学科卒業
1992年6月 北海道大学大学院医学研究科内科系(循環病態内科学)卒業
1992年6月 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学所属(札幌市立病院、札幌厚生病院 釧路労災病院、伊達赤十字病院)
2001年5月 米国UCLA グッドサマリタン病院 研究員
2006年4月 北海道大学大学院医学研究科 循環病態内科学 客員研究員
2008年4月 北海道大学大学院医学研究科 予防医学講座 客員研究員
2010年9月 北海道情報大学 経営情報学部 医療情報学科 教授
2013年4月 北海道情報大学 医療情報学部 医療情報学科 教授
2014年6月 北海道情報大学 先端医療・健康情報教育センター長
2015年4月 北海道情報大学 医療情報学部 医療情報学科長
2017年4月 北海道情報大学 保健センター長
学位
医学博士(1992年 北海道大学)
主な研究業績
1. Nishimura M, Ohkawara T, Sato Y, Satoh H, Takahashi Y, Hajika M, Nishihira J. Improvement of Triglyceride Levels through the Intake of Enriched-β-Conglycinin Soybean (Nanahomare) Revealed in a Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study. Nutrients. 2016; 8: E491. doi: 10.3390/nu8080491.
2. Nishimura M, Ohkawara T, Tetsuka K, Kawasaki Y, Nakagawa R, Satoh H, Sato Y, Nishihira J; Effects of yogurt containing Lactobacillus plantarum HOKKAIDO on immune function and stress markers. J Tradit Complement Med. 2015; 6: 275-80.
3. Satoh H, Fujii S, Tsutsui H; Persistent depression is a significant risk factor for the development of arteriosclerosis in middle-aged Japanese male subjects. Hypertens Res. 2014; 38: 84-88.
4. Yoshioka E, Saijo Y, Kita T, Satoh H, Kawaharada M, Kishi R: Effect of the interaction between employment level and psychosocial work environment on insomnia in male Japanese public service workers.Int J Behav Med. 2013; 20:355-364.
5. Satoh H, Ishimori N, Sakakibara M, Yamada S, Kawashima N, Urasawa K, Fujii S, Tsutsui H; Hokkaido Acute Myocardial Infarction Registry Investigators.: Decreased glomerular filtration rate is a significant and independent risk for in-hospital mortality in Japanese patients with acute myocardial infarction: report from the Hokkaido acute myocardial infarction registry. Hypertens Res. 2012; 35: 463-469.
6. Kita T, Yoshioka E, Satoh H, Saijo Y, Kawaharada M, Okada E, Kishi R: Short sleep duration and poor sleep quality increase the risk of diabetes in Japanese workers with no family history of diabetes. Diabetes Care. 2012; 35: 313-318.
7. Yoshioka E, Saijo Y, Kita T, Okada E, Satoh H, Kawaharada M, Kishi R.Relation between self-reported sleep duration and arterial stiffness: a cross-sectional study of middle-aged Japanese civil servants. Sleep. 2011; 34: 1681-1686.
8. Satoh H, Saijo Y, Yoshioka E, Tsutsui H: Brachial-ankle Pulse Wave Velocity is an Independent Predictor of Incident Hypertension in Japanese Normotensive Male Subjects. Environ Health Prev Med. 2011; 16: 217-223.
9. Satoh H, Saijo Y, Yoshioka E, Tsutsui H: Helicobacter Pylori Infection is a Significant Risk for Modified Lipid Profile in Japanese Male Subjects. J Atheroscler Thromb 2010; 17: 1041-1048.
10. Satoh H, KishiR, Tsutsui H: Body Mass Index can Similary Predict the Presence of Multiple Cardiovascular Risk Factors in Middle-aged Japanese Subjects as Waist Circumference. Intern Med 2010; 49: 977-982.
所属学会及び
各種委員
日本内科学会(認定内科医、総合内科専門医)
日本循環器学会(認定専門医、演題採択審査員)
日本職業災害医学会(日本医師会認定産業医 労災補償指導医)
日本高血圧学会  日本生活習慣病学会  日本睡眠学会
全国大学保健管理協会

表彰関係
研究代表者として
2009年 大同生命厚生事業団研究助成金
2010年 太陽ひまわり生命厚生事業団研究助成金
2011年 文部科学省科学研究費基盤研究(C)2011~2013年
地域協力・
産学連携
北海道大学大学院医学研究科 循環病態内科学 客員研究員
社会活動
北海道産業保健総合支援センター 産業保健相談員(産業医学)
札幌地域産業保健センター 相談員
日本体育協会公認スポーツドクター(北海道体育協会所属)
診療情報管理士教育委員会 スクーリング講師

どんな専門分野を教えていますか?

臨床医学を教えています。
医療関係就職に必須の知識としての病気の勉強です。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

大きな病院で、循環器内科医師として心臓病および血管病の治療を行っておりました。
また同時に病気を予防するための研究も行っておりました。

高校生へのメッセージ

医療知識とコンピューター技術の両方を身につけた人材は貴重であるとともに、非常にニーズが高い分野です。
ともに勉強してみませんか。

担当する授業

  • 「臨床医学Ⅱ」、「臨床医学Ⅲ」、「臨床医学Ⅳ」、「循環器学」、「呼吸器学」、「ゼミナールⅠ」、「ゼミナールⅡ」、「ゼミナールⅢ」、「卒業論文」、「医療情報演習」

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ