HOME > 教員一覧 > 加藤伸彦 先生

加藤伸彦

医療情報学部 医療情報学科 教員

加藤伸彦 先生 Nobuhiko KATOH

所属
医療情報学部 医療情報学科
職名
准教授

2017/09/20 更新

研究室
131
担当する授業
生体機能代行装置学 医療治療機器学 医療安全管理学
研究分野
臨床工学 医用工学
専門及び
研究内容
医療機器安全管理 医用工学 医療経済
略歴
職歴
1988年 臨床工学技士(第1181号)厚生大臣
1989年 札幌中央病院
1990年 札幌医療科学専門学校専任教員
1999年 北海道大学医学部附属病院手術部 文部技官
2009年 北海道大学医学部 臨床指導准教授(兼任)
2017年 北海道情報大学 医療情報学部医療情報学科 准教授

学歴
2008年 北海学園大学大学院法学研究科修士課程修了
学位
政治学修士(2008年 北海学園大学)
主な研究業績
著書
・「EBMにもとづく実践ガイド」,メディカ出版,2001,分担執筆
・「手術室ハンドブック」,真興交易㈱医書出版部,2004,分担執筆
・「臨床工学講座 生体機能代行装置学 体外循環装置」,医歯薬出版株式会社,2012, 分担執筆
・「医療機器の日常お手入れガイド清掃・消毒・滅菌」,メジカルビュー,2013,分担執筆
・「臨床工学プラティカルフルコース」,メジカルビュー,2015,分担執筆
・「手術治療学」,メジカルビュー,2016,編集
・「内視鏡機器の保存とメンテナンス」,医学図書出版,2016,分担執筆
・「消化器内視鏡技師のためのハンドブック」,医学図書出版,2016,分担執筆

論文
・手術後の手袋破損の検討‐高精度インピーダンス法を用い‐, 医科器械学,第72巻第11号,2002
・仮想「縫合セット化モデルを用いた手術用縫合糸picking作業の効率化,日本手術医学会誌,第27巻第1号,2006
・大学病院における人工呼吸療法業務,クリニカルエンジニアリング21巻7号,2010
・人工心肺補助循環領域における臨床実習のノウハウ,クリニカルエンジニアリング22巻7号,2011
・アウトソーシングを活用した医療機器中央管理,クリニカルエンジニアリング23巻6号,2012
・左室形成術と体外循環法,クリニカルエンジニアリング24巻7号,2013
・手術領域における臨床工学技士の役割,クリニカルエンジニアリング24巻11号,2013
・手術支援ロボットの導入から運用まで,クリニカルエンジニアリング27巻1号,2016
所属学会及び
各種委員
日本医工学治療学会(理事 評議員)
日本医療機器学会(評議員)
日本手術医学会(評議員)
日本生体医工学会
日本集中治療医学会
日本人工臓器学会
日本体外循環医学会
日本臨床工学技士会(代議員)
北海道臨床工学技士会(顧問)
表彰関係
日本医療機器学会著述賞(2005年)
第35回日本手術医学会優秀演題(2013年)
日本医療機器学会著述賞(2017年)

どんな専門分野を教えていますか?

生体機能代行装置学 医療治療機器学 医療安全管理学

大学の先生になる前は何をしていましたか?

本学に来る前は,臨床工学技士として民間病院,大学病院で仕事をしていました.大学病院では臓器移植,ロボット支援手術など最先端医療のサポートもしていました.

高校生へのメッセージ

本学は自分らしく,自分の夢を実現できるところです「あの時こうすればよかった」と後悔しないためにも我々と一緒に自分の目標に向かって頑張ってみませんか..

担当する授業

  • 生体機能代行装置学 医療治療機器学 医療安全管理学

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ