HOME > 教員一覧 > 豊田 規人 先生

豊田 規人

経営情報学部 システム情報学科 教員

豊田 規人 先生 Norihito TOYOTA

所属
経営情報学部 システム情報学科
職名
教授

2015/08/17 更新

研究室
326
担当する授業
情報科学基礎,基礎数学,複雑系情報処理,数理情報学,計算機科学概論,ゼミナール,卒業論文,情報専門演習,総合演習
ゼミの概要
セルオートマトン,ネットワーク上の渋滞学
学内の顧問等
天文部
研究分野
量子情報,素粒子論,複雑系,複雑ネットワーク
専門及び
研究内容
量子ゲーム理論,複雑ネットワーク上の伝播現象,ニュートリノ振動
略歴
1987年 北海道大学後期博士課程修了
1998年~ 北海道情報大学(講師,助教授,准教授,教授)
学位
理学博士
主な研究業績
論文:
“Possibility of Unified Preon Models with Supersymmetry”, Phy. Rev. D 1985
“Quantum Mechanical Treatment of Skyrme Lagrangians and a new mass term”,Physical Review Letters 1987
“Octet Dominance of Weak Transition in SU(3) Skyrme Model”,Progress of Theoretical physics 1987.
“Quantum mechanical Aspect of SU(3) Skyrme Model in Collective-coordinate Quntization”,Physical Review D 1987
“MAC Hypothesis in a Superstring Inspired Model”,Physics Letters B 1987
“On algebraic structures of topological gravity'', Physics Letters B 1992 Jan.“マルチプリシティクラスタ分析と学習教材の構造化”,電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-DII No.3 (1999)531.
“重み付きグラフを用いたクラスタ分析に基づく無矛盾な学習項目の系列化法” 電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-DII No.3 (1999)543.
“Gauge Structures of SU(3) Skyrme Model, and Construction of SU(3) Generations Including Induced Gauge Fields”, Jounal of Dynamical Systems and Geometric
Theories, Vol.1, No.1,35-78 (2002)
“複雑ネットワークにおける局所クラスタリング係数の性質”,JWEIN2008,pp.1-7(2008)
“Expectation values of flavor-neutrino numbers with respect to neutrino-source hadron states -- Neutrino oscillations and decay probabilities—Prog. Theor. Exp. Phys. 2015, 023B01;preprint arXiv:1408.1518,2014
所属学会及び
各種委員
日本物理学会,電子情報通信学会,情報処理学会,計測自動制御学会,数理社会学会,応用数理学会,SKEPTIC

どんな専門分野を教えていますか?

情報科学,複雑系情報処理,数理情報,計算機科学

大学の先生になる前は何をしていましたか?

超対称性プレオンモデル,スキルミオン,超弦理論の現象論,教育工学の研究

高校生へのメッセージ

人生のピークはいつなのでしょう.
少なくとも大学に合格した時や就職が決まった時ではないはずです.
最後の職場において活躍した時などという人も多いですが,老後,逝去する直前など色々な意見があります.
早々に自暴自棄になったり,人生を諦めたり,夢を捨ててはもったいないです.
精一杯短い人生を駆け抜けてください.

担当する授業

  • 情報科学基礎,基礎数学,複雑系情報処理,数理情報学,計算機科学概論,ゼミナール,卒業論文,情報専門演習,総合演習

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ