HOME > 教員一覧 > 松本 紗矢子 先生

松本 紗矢子

経営情報学部 先端経営学科 教員

松本 紗矢子 先生 Sayako MATSUMOTO

所属
経営情報学部 先端経営学科
職名
准教授

2016/04/19 更新

研究室
231
担当する授業
コンピュータ会計,簿記原理システム論Ⅰ・Ⅱ,自己発見ゼミナール,ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・卒業論文など
ゼミの概要
日経STOCKリーグに参加しています。 具体的には,500万円あると仮定して,どの企業に投資するのか,ゼミのみなさんでディスカッションをしてテーマを設定し,分析を行っています。
学内の顧問等
簿記研究会
研究分野
財務会計
専門及び
研究内容
四半期財務情報の有用性に関する研究
略歴
2006年3月 大阪市立大学商学部卒業
2008年3月 大阪市立大学大学院経営学研究科前期博士課程修了
2010年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)~2012年3月
2012年3月 大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程修了
2012年4月~ 北海道情報大学経営情報学部 (講師)
学位
博士(経営学)2012年、大阪市立大学
主な研究業績
論文:
・「わが国企業の四半期構成比の分析」『経営研究』第59巻第3号,105-123頁,2008年11月。
・「四半期利益変化と業績予想変化のコロボレーション効果」『経営研究』第61巻第1号,81-92頁,2010年5月。
・「わが国企業の四半期財務情報と株価の実証的関連性-四半期進捗率の分析-」『経営研究』第62巻第2号,105-125頁,2011年8月。
所属学会及び
各種委員
日本会計研究学会
地域協力・
産学連携
四半期開示に関する研究

どんな専門分野を教えていますか?

会計学を教えています。
数値を追うだけではなくて,数値を読み解くセンスも磨いてもらいつつ,利益が出る仕組みやコスト管理について理解を深められるような講義を心がけています。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

大学院で研究をしていました。
具体的には,上場企業の財務データを収集して,データベースを構築したのち,例えば,四半期進捗率が高いほど株価の上昇幅は大きいのか,などに関する会計情報の有用性についての分析をしていました。

高校生へのメッセージ

本学は,教員と学生の距離が近く,学生たちは全力で取り組みたいことを見つけ,それを教員がサポートする環境が整っています。
サークルを自分で立ち上げる学生やイベントを企画して開催する学生,外部のコンテストに応募する学生など様々です。
限りない可能性に満ちている環境で,活気ある日々を送りませんか。

担当する授業

  • コンピュータ会計,簿記原理システム論Ⅰ・Ⅱ,自己発見ゼミナール,ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・卒業論文など

趣味

読書です。
ミステリー文学から日本の古典文学など,幅広く読みます。

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ