HOME > 教員一覧 > 諸岡 卓真 先生

諸岡 卓真

経営情報学部 先端経営学科 教員

諸岡 卓真 先生 Takuma MOROOKA

所属
経営情報学部 先端経営学科
職名
准教授

2016/09/12 更新

研究室
219
担当する授業
「日本語表現Ⅰ」「日本語表現Ⅱ」「ビギナーズセミナーⅠ」「ビギナーズセミナーⅡ」「文学Ⅰ」「文学Ⅱ」「ミステリを読む(通信教育課程)」
研究分野
日本近現代文学(特にミステリ・推理小説)
専門及び
研究内容
日本のミステリ小説の変容について、文学の批評理論を応用しながら分析・検討しています。
略歴
2000年3月 早稲田大学第一文学部卒業
2002年3月 北海道大学大学院文学研究科修士課程修了
2008年3月 北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了
2008年4月 北海道大学大学院文学研究科専門研究員
2013年4月~ 北海道情報大学経営情報学部(准教授)
学位
博士(文学)2008年 北海道大学
主な研究業績
著書:
(単著)『現代本格ミステリの研究』(北海道大学出版会、2010年)
(共編著)『日本探偵小説を読む』(北海道大学出版会、2013年)
(共著)『本格ミステリ・ディケイド 300』(原書房、2012年)
『日本サブカルチャーを読む』(北海道大学出版会、2015年)など

論文:
「九〇年代本格ミステリの延命策」(「ミステリーズ!」vol.3、2003年)
「ねじれた推理――『かまいたちの夜×3』論」(「層―映像と表現」vol.3、2006年)
「創造する推理――城平京『虚構推理』論」(「日本近代文学」第 87 集、2012年)など

研究発表:
「アニメ『Another』における謎解きと舞台探訪――ミステリ論の立場から」(地域コンテンツ研究会第2回研究会、於・富山高等専門学校、2013年3月)
「〈操り〉という亡霊――東川篤哉『ここに死体を捨てないでください!』」(テクスト研究学会第13回大会、於・甲南女子大学、2013年8月)
「〈日常の謎〉をこじらせる――相沢沙呼『午前零時のサンドリヨン』」(日本近代文学会北海道支部例会、於・北海道大学、2015年3月)
「〈日常の謎〉と隠密――瀬川コウ『謎好き乙女と奪われた青春』」(合同シンポジウム 忍者と探偵が出会うときⅡ、於・甲南女子大学、2015年8月)など

その他:
文庫解説、書評等
所属学会及び
各種委員
日本近代文学会
日本近代文学会北海道支部
地域コンテンツ研究会
表彰関係
第10回創元推理評論賞佳作(2003年)
地域協力・
産学連携
日本文学関係(特にミステリ・推理小説関係)
社会活動
本格ミステリ作家クラブ会員

どんな専門分野を教えていますか?

文章の書き方や資料の調べ方・読み方など、レポートや論文を作成するために必要な様々な知識・技術を教えています。
また、「文学1」「文学2」や「ミステリを読む(通信教育課程)」では日本のミステリ文学を題材に、文学の読み方について教えています。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

北海道大学の専門研究員として研究に従事していました。
また、道内のいくつかの大学などで非常勤講師をしていました。

高校生へのメッセージ

大学では自分の興味に合わせて講義を選ぶこともできますし、自由時間を使って様々なチャレンジをすることもできます。
ぜひ興味のあるものには自分から積極的に手を伸ばしていってください。

担当する授業

  • 「日本語表現Ⅰ」「日本語表現Ⅱ」「ビギナーズセミナーⅠ」「ビギナーズセミナーⅡ」「文学Ⅰ」「文学Ⅱ」「ミステリを読む(通信教育課程)」

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ