HOME > 教員一覧 > 長井 敏行 先生

長井 敏行

経営情報学部 先端経営学科 教員

長井 敏行 先生 Toshiyuki NAGAI

所属
経営情報学部 先端経営学科
職名
教授
先端経営学科長

2015/08/17 更新

研究室
323
担当する授業
現代の財務会計論Ⅰ・Ⅱ、財務報告と分析の基礎、各種ゼミナール
ゼミの概要
企業の財務体質を改善するためには、遊休資産の処分、リースバック、株式の持合の解消、あるいは、流動資産の改善、負債の圧縮、売上高の増加対策・販管費などの節減があります。 財務会計の知識によりこれらのどの方法または組合せが良いかを突き止め、改善の提案ができるように学び議論します。
研究分野
財務会計
専門及び
研究内容
財務会計、日本の制度会計や会計教育の問題点について研究しています。
たとえば、我が国の退職給付基準・連結会計の国際的調和化や21世紀の大学像と会計教育の研究などです。
略歴
1973年4月~1988年3月 専修大学北海道短期大学(専任講師、助教授)
1988年4月~1989年3月 北海道情報大学設立準備委員
1989年4月~現在 北海道情報大学経営情報学部教授
学位
経済学修士(1972年、専修大学)
主な研究業績
論文:
(1)連結会計の国際的調和化ー企業集団に関連してー北海道情大学紀要10(2)
(2)21世紀の大学像と会計教育の研究 会計学研究所研究年報 21
(3)我が国の退職給付会計基準についてー前払年金費用の計算構造を中心にー
北海道情大学紀要15(2)
S.C.ユー「会計理論の構造」久野光朗監訳 第6章担当
P.ワルトン「欧州比較国際会計史論」久野光朗監訳 第6章担当
「会計学の基礎」創成者、共著
「簿記論テキスト」同文館、共著
「独習基本簿記」中央経済社、単著
「入門経営分析」同文館、共著
所属学会及び
各種委員
会計研究学会(北海道部会部会長)、会計教育研究学会(理事)、国際会計学会、会計史学会など
地域協力・
産学連携
財務会計、退職給付に関する問題、財務会計全般に関する講演、国際会計に関する市民
向け講座の講師、会社の損益に関する計算構造に関する講座の講師
社会活動
北広島市特別職職員報酬等審議会 会長
石狩東部広域水道企業団拡張事業再評価審議委員会 会長
北広島市水道事業経営審議会 会長
北広島市学校跡地施設利用に係わる提案審査委員会 委員
北広島市長期総合計画審議会 部会長
日本会計研究学会北海道部会 部会長

どんな専門分野を教えていますか?

会計学は、数値を扱う学問ですが、その数値の裏側の人と人の経済活動を理解できることが求められます。
数値から人の動きを理解し人と人または人と企業との関係を常に可視化し、理解することができることを目標にしています。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

(1)北広島市特別職員報酬等審議会(会長)
(2)石狩東部広域水道企業集団拡張事業再評価審議会(会長)
(3)日本会計研究学会北海道部会(会長)
(4)北広島市水道経営事業審議会(会長)
(5)日本会計教育学会(理事)

担当する授業

  • 現代の財務会計論Ⅰ・Ⅱ、財務報告と分析の基礎、各種ゼミナール

趣味

テニス、ゴルフ(最近は、ほとんどしていません)

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ