高校の教員の方へ

HOME > 高校の教員の方へ

01

 IT実学教育+学外プロジェクトが、 専門力・即戦力を磨きます。

「自分の頭で考え」「実践できる」「行動力がある」「仲間と協働できる」、有能な人材の育成を目的に、本学ではPBL(Project Based Learning=問題発見解決型学習)を積極的に導入しています。社会に出て、一つの仕事をやり遂げるにはいろんな力が必要です。しかし、一般的に大学では理論教育が先行し、実践に取り組む機会は少ないのが現状。本学はそうした問題に注目し、早くからPBLに取り組んできました。ここに紹介するのはその数々です。チームを組み、地域や企業と協力して、さまざまな問題解決に向かう、リアルでダイナミックなこの取り組みは「手応え十分!」と学生たちにも好評です。

02

就職状況を お確かめください。

情報大なら就職は安心です

本学の過去5年の平均就職率93.1%

大学卒の就職環境に回復のきざしが見られるようになりましたが、まだ安心はできない状況です。本学はその中で高い就職率を上げています。あらゆる産業で、ますますIT化が進むのは必至、つまりITスキルを備えた人材は製造、流通、サービス、金融、医療、幅広い領域で強く求められているのです。

04

入試情報 やる気ある学生を求めています。

AO入試

意欲や可能性を高評価する「AO入試」をご存知ですか。

情報大の「AO入試」は何より“やる気”を重視します。

AO入試とは、事務局(Admission Office)と受験生が面談して、お互いの納得の上で合格・入試に結びつける入試方式です。この入試では、基本的には高校時代の成績やペーパーテストの結果を用いません。大学側が「この人なら入学させたい」と判断するかどうか、人物重視の度合いが強い入試方法といえます。

05

本学の奨学金は全国屈指です。その中身や採用者数について、他とよく比べてみてください。

北海道情報大学奨学金 在学生対象

優秀かつ経済的理由による給付奨学金

2年生以降も前年度までの成績優秀者には奨学金を給付する制度があります。これにより授業料は、国公立大学の授業料金額とほぼ同額になります。なお、国立の学費(53万5,800円)と一人暮らしの仕送り額を考えれば、実は通学範囲内の私立に進む方が経済的です。

06

情報大の先進ITキャンパス

情報大の先進ITキャンパス

情報大は、実践力養成に意欲を燃やす学生の熱意にこたえる環境を整えています。たとえば1,000台を超えるハイスペックマシン。それを超高速ネットワークする「ギガビットLAN」。プロの緊張感を体験できる医療情報センター。全国的にも希少なモーションキャプチャーマシンや映像制作スタジオ etc そして、これらを駆使する術を知りつくした業界経験豊富な教員スタッフたち。魅力満載で、やる気に満ち溢れたみなさんをお待ちしています。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ