HOME > キャンパスライフ > 学生の活動・作品の紹介 > ヤツメウナギの新キャラ考案

ヤツメウナギの新キャラ考案

2019年度研究先端経営学科

本学がある江別市を観光で盛り上げようと、先端経営学科の学生約20名4組がそれぞれのアイデアを教員、学生、来学した市職員や市の地域おこし協力隊の前で発表しました。
アイデアは「江別の特産品が買える自動販売機を札幌に」「江別特産の小麦を使った流し麺イベント」など。また、江別名物のヤツメウナギをモチーフにしたPRキャラクターの考案というユニークなものも。発表会は「若いアイデアをまちづくりに生かす」ために今後も継続します。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ