[ 情報メディア学部 ]

情報メディア学科

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻映像・アニメーションコース

ストーリーの作り方から表現技法まで学ぶ

みなさんにとって、もっとも⾝近な情報を受け取る⼿段が映像やアニメーションでしょう。実写映像とアニメーションについて、その原理と表現・制作技法を学びます。
情報を伝えるためにはストーリーが必要です。多くの人に狙い通りに情報を伝えるにはどうすればいいか、まずは伝わるストーリーの作り方を学びます。その上で、映像とアニメーションに関して、映画やアニメだけではなくゲーム、メディアアート、VR・AR、Web、モバイルアプリなどさまざまな表現のテクニックを学びます。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻グラフィックデザインコース

国や言葉を越えたコミュニケーションを追求

ポスターなどのグラフィックデザインに必要なのは絵を描く技術ではありません。写真、文字、イラスト、CGなど素材の配置や配⾊、組み合わせにより必要な情報を的確に伝える技術が必要です。
雑誌やDMに限らず、街で見かけるさまざまな広告はグラフィックデザインの手法で作られています。グラフィックデザインは、例えば言葉が通じなくても、一目見ただけでトイレや競技場、エスカレーターなどを知らせる力を持っています。世界中のさまざまなデザインを見て研究して実践して、情報を的確に表現するスキルを養います。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻イラストキャラクターデザインコース

情報伝達の有効&強力なアイテムを手に入れる

ゲームや映画に登場するキャラクター、ホームページなどで使われるイラストの制作知識・技術を学びます。
キャラクター次第でゲームやアニメーションの世界観は大きく変わります。本コースでは絵を上達させるというのではなく、各自が思い描く世界、伝えたいことをうまく表現するためのキャラクターを考えます。
イラストは情報をわかりやすく伝えるための有効&強力なアイテムです。グラフィックやアニメーション、ゲーム、3DCG、VR・AR、メディアアート、Web、モバイルアプリなどさまざまな場面を想定して学びます。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻3DCGコース

イメージをカタチにする創造力が身につく

映画やゲームだけではなく、医療、建築、ファッション、ビジネスプレゼンテーションなどあらゆる場面で見かけるようになった3DCG。その原理と作り⽅を学びます。
3DCGは実在しないモノを創り出せるのが大きな特徴であり魅力です。また、実在するものを正確に再現することもできます。さらに見えないモノ=イメージまでカタチにすることができます。映像、アニメーション、メディアアート、ゲーム、VR・AR、Web、モバイルアプリなど、現在いかに3DCGが活用されているかを把握し、それぞれの特徴を理解しながら創作にも挑戦します。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻ゲームデザインコース

楽しさプラスアルファの魅力あるゲームを探究

面白いゲーム、興味を刺激するゲーム、人気のゲームは高い技術があればできるというものではありません。技術とともに、そのゲームの核となる世界観など、さまざまな要素が必要となります。ゲーム制作の技術や、ゲームの企画⽅法について学びます。
まず既存のゲームを徹底研究。操作方法をはじめキャラクターや世界観、どんな人が、どこで、どんなふうに遊ぶか、ゲームから得られるものは何か、いろんな方向から考えます。それを理解した上で、ただ楽しいだけではなく、何らかのプラス要素を盛り込んだゲームを考えます。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻メディアアートコース

コンピュータとアートの融合で広がる可能性

プロジェクションマッピングなど、コンピュータを使った⾮⽇常の体験や、新しいアートの企画及び制作について研究します。
アイデアは日常の当たり前の観察から生まれます。それをアニメーションやCGなどのデザイン、プログラミングのテクノロジーと組み合わせることにより、新しい世界を創造する可能性は何倍にも広がります。
メディアアートの技術はVR・AR、モバイルアプリ、ゲームなどさまざまに利用できることから、クリエイターは多くの場面で求められています。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻Webサイト制作コース

最先端のWebサイトづくりにチャレンジ

いまやホームページのない⽣活は考えられません。しかも、その表現方法も多様になり性能も高度化しています。もっと⾒やすいページを、もっと便利なページを、ユーザーのニーズも当然ながら高まっています。
Webサイトの考え方・作り⽅はもとより、長く使い続けられる=運用の継続性も研究します。顧客が自身で情報を更新することを考慮に入れ、操作しやすさという面からも発想します。
Web制作のスキルは特定の会社に限らず、広く求められるものであり就職に関して強力な武器になります。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻UI・UXデザインコース

人とコンピュータの関係をより良くする存在へ

⾒やすい・使いやすいWebページやスマホアプリは気持ちが良いですよね。それは、UI・UXがきちんとデザインされているから。
UIとはユーザーインタフェース、つまり機械と人との情報のやりとり=操作方法です。操作のしやすさはミスの軽減など安全性の確保にもつながります。UXはユーザーエクスペリエンス、つまり体験です。人は体験を通じ多くのことを学ぶことができます。
便利さとは? 気付きや学びとは? Web、アプリ、ゲームなどに応用されているUI・UXを学習します。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻VR・ARコース

仮想の世界をクリエイトする技術に挑む

仮想の世界、それは現実を軽々と超える魅力にあふれた世界。VR・ARの登場により、それを誰もが体験できる時代が来ています。仮想の世界をクリエイトする技術を学びます。
仮想の世界を創作するVRと、現実の世界に情報を付け足し、もっとわかりやすい世界を創り出すAR。それらの最新技術を駆使して、新しく楽しい世界を作る方法を学びます。VR・ARはメディアアート、ゲーム、モバイルアプリなどさまざまな場面で急速に活用されはじめています。これに詳しい人材の需要が高まっています。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻モバイルアプリケーションコース

知識と技術と柔軟な発想で多くの可能性を開く

多くの人が気軽に使っているアプリ。さて、どう作られているのでしょう。
便利なアプリ、役立つアプリの作り⽅・考え⽅を学びます。スマホだからできることはいろいろあります。スマホに代表されるモバイルアプリにはさまざまなセンサーがついていて、それを利用すればいろんなことができます。知識と技術と、柔軟な発想があれば多くの可能性が開かれます。
モバイルアプリを制作する技術はゲーム、VR・AR、メディアアートなどさまざまなフィールドで応用可能、そのスキルを備えた人材は幅広く活躍可能です。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻ゲームプログラミングコース

快適に動いて楽しいゲームの原理を知ろう

ゲームはサクサクと動いてくれないとすぐに飽きてしまいますよね。では、どうやって思い通り、サクサク動くようになっているか。その原理を知り、快適に動くゲームのプログラミングを学びます。
また、楽しさをカタチにする技術と同時に、どうすれば面白くなるか「発想」の仕方についても学びます。
ゲームプログラミングの技術はゲーム制作だけではなく、VR・AR、メディアアート、モバイルアプリ、Webアプリなどにも応用可能です。その技術を身につければたいていのプログラミングに対応できます。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻インターネットセキュリティコース

セキュリティの仕組みを多面的に掘り下げる

インターネットの利用には、個⼈情報やデータの流出という危険性がつきまといます。これを防ぎ、安⼼・安全に利用できるようにするにはどうすればいいか。
セキュリティの事故は、実は大半がコンピュータシステムの問題ではなく、ヒューマンエラーや悪意ある人の振る舞いが原因です。つまり情報を守るためには人の振る舞いも気にしなければならないということ。本コースでは、セキュリティシステムの技術に関する学習と並行して、ミスをしない(しにくい)操作方法や、悪意ある人が悪事を働けない仕組み作りについて掘り下げます。

メディアデザイン専攻・メディアテクノロジー専攻Webアプリケーションコース

情報を効率よく正確に管理する方法を知る

TwitterやInstagramなどのSNSは旬でキャッチーな情報で溢れています。ネットショッピングやチケットの予約など、インターネットを使った便利な仕組みも多種多様に現れています。
そうした情報(データ)を効率よく正確に管理する技術を学びます。PCやスマホ、タブレットを使ったサービスや、アプリのデータ管理にはデータベースをはじめ、Webアプリを構築するためのプログラミング技術が必要です。使いやすいアプリ、使いたくなるアプリの機能、さらに見た目に魅力的なデザインについて学びます。

関連資格

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者
  3. 応用情報技術者
  4. ネットワークスペシャリスト
  5. データベーススペシャリスト
  6. 情報処理安全確保支援士
  7. CAD利用技術者
  8. LPIC(Linux技術者認定資格) など
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ