学科概要

新しい学びのスタイル「コース認定」を導入

本学科には、「メディアデザイン」と「メディアテクノロジー」の2専攻があり、その中に13コースが分布。 この学びのマップ上を、あなたにとって最適な道(科目)を選びながら歩むことができます。 4年間でたどってきた道(科目)に応じて卒業時にコース認定をする、通常とは逆の新しい制度によって 学びのフレキシビリティを高めており、多コース認定をめざすこともできます。

4年間の学びの流れ

アドミッションポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、高等学校等での学びや諸活動、資格・検定試験等で得た基礎学力、基礎知識、語学力、読解力、論理的思考力及び主体的に学ぶ意欲等を身に付け、本学の情報メディア学科に興味・関心を持った人を求めています。
また、本学入学後の学びや諸活動を通して、次のような能力を身に付けられる学生を求めています。

●学ぶ意義を理解できる人
●自らの目標を持ち、生涯にわたりその実現のために行動できる人
●ICTを積極的に活用し、デジタルコンテンツを制作できる人
●ひとつの専門技術を持ち、多くの周辺技術を理解できる人
●映像、動画像、音声などのデジタルコンテンツを処理できる人
●IoT(モノのインターネット)やゲームプログラムの開発に従事できる人
●ウェブアプリケーションやモバイルシステムを開発できる人
●ネットワークの構築、運営、管理、セキュリティに代表されるインターネット基盤技術を修得できる人
●異文化を理解し、国際感覚に優れた人
●社会、文化、倫理的な側面を理解し、行動できる人
●市民としての倫理観と自覚をもち、社会に貢献できる人
●高度なコミュニケーション能力を備え、チームワークを得意とする人
●ビジネス、デジタルコンテンツ等の発想力・企画力・計画力・実行力・評価力を備えることができる人
●物事を幅広い視野からとらえ、論理的思考を備えることができる人
●情報社会において必要とされる豊かな自己表現力を備えることができる人