医療情報学部 医療情報学科 臨床工学専攻

 医療情報学部 医療情報学科 医療情報学部 医療情報学科臨床工学専攻 臨床工学技士コース

医療情報学科 臨床工学専攻へ戻る

充実の教授陣、万全の実習環境、先進カリキュラム目標実現を後押しする安心の体制がある 充実の教授陣、万全の実習環境、先進カリキュラム
目標実現を後押しする安心の体制がある

質の高い力を養う、充実の教授陣

本学の臨床工学専攻は、教授陣の充実ぶりが特徴のひとつです。道内の臨床工学技士の間では知らない人がいない著名な先生(国立大学付属病院に勤務し後進の育成にも携わった臨床工学技士)、医療機器開発の第一線で活躍されてきた研究者(国内外の企業で研究を重ねたベテラン研究員)、救急救命の現場に長く携わってきたスペシャリスト(広範な知識と判断力が問われる救急救命スタッフとして経験を重ねた臨床工学技士)、さらに医師など医療経験者が実践に即し具体的な指導を行います。

全国トップレベルを誇る、万全の実習環境

医療人を目指す上で、実習環境は重要なポイントです。実践力を身につけるには多くの経験を重ね、何度も練習を繰り返す必要があります。その舞台は本物に近いほど良いに越したことはありません。この専攻はそうした考えのもと全国トップレベルの実習施設・設備を整えています。リアルに再現した手術エリア、今後主力になるだろうカテーテルのシミュレーター、メインの仕事となる人工透析エリア、救急の場面を学ぶエリア、いずれも本物の機器を導入しています。

本学だから編成できる先進カリキュラム

医療にICTがますます力を発揮するようになるのは誰もが想像できることでしょう。これにいち早く対応しているのはこの専攻の魅力です。全国に先駆けて情報をテーマに掲げ専門教育を行ってきたのが本学であり、実社会ではどういった知識・技術が求められているか、それに対応するにはどういう勉強が効果的・効率的か、どういったカリキュラムが有効か、膨大な蓄積があります。医療と情報を結びつけた学科の設定は本学オリジナル。プラスアルファの力を備えた人材にはすでに臨床現場から期待を寄せられています。

医学・工学の初歩から国家試験まで綿密サポート臨床工学技士コース

このコースでは、医学と工学を広く深く学んでいきます。医用生体工学、医用機器学、生体機能代行装置学、医用安全管理学、関連臨床医学、臨床実習といった専門領域の科目を通し、手術、補助循環、血液浄化(血液透析など)、心臓カテーテル、ペースメーカ、人工呼吸器、シリングポンプなどの機器点検及び操作について学びます。とりわけInformation Technology(IT)を高度に活用する医療機器については、現場では医師と看護師だけではその機能を十分に利用しきれなくなっており、臨床工学技士の活躍が臨まれています。

「臨床工学技士」資格メモ

このコース卒業により国家試験受験資格が得られます。試験は毎年3月に実施され、試験科目は9科目(医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学、医用機器安全管理学)。昨年の全国合格率は73.7%。本学は2021年卒業生が第1期となります。

チーム医療を支える重要ポジション

臨床工学技士の主な仕事

●人工心肺装置

心臓手術の際、心臓や肺の代わりにその働きをする装置(人工心肺)を操作・管理します。

●血液浄化業務

体内の老廃物を排泄・代謝できなくなった患者に、その機能を代替する装置の操作を行います。

●呼吸治療業務

肺の機能が低下し、呼吸が不十分な患者に呼吸を代行するための人工呼吸器を装着します。

●ペースメーカ

不整脈を持病とする患者にペースメーカや除細動器の植え込み・管理を行います。

●心臓カテーテル

心臓手術のための検査として機器を操作し、その記録をコンピュータで管理します。

●手術室業務

手術が円滑に安全にできるよう、大小数々ある機器を操作および保守・点検・管理します。

カリキュラム

共通基礎科目 教養基礎 日本語表現Ⅰ・ⅡビギナーズセミナーⅠ・Ⅱ 外国語 基礎英語A・B英語表現ⅠA・ⅠB実用英語A・B 英語表現ⅡA・ⅡB職業英語A・B 初修外国語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB・ⅢA・ⅢB
人間教育科目 情報とクリティカルシンキング 情報の世界情報倫理ヘルスリテラシー入門 人間 心理学文学歴史学哲学 社会 経済学Ⅰ・Ⅱ法学社会学憲法国際関係論 自然 線形代数Ⅰ・Ⅱ微分積分Ⅰ・Ⅱ確率・統計Ⅰ・Ⅱ物理学生物学 化学 総合 健康とスポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ海外事情(米国編)・(中国編) 国際コラボレーションA・BキャリアデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ
専門教育科目 医学・医療科目 医学概論臨床医学総論解剖学生理学病理学医学制度論 医療倫理概説生化学看護学概論福祉総論臨床検査概論薬理学 医用工学概論臨床医学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ循環器学呼吸器学麻酔学 手術・集中治療学泌尿器学免疫学臨床工学関係法規公衆衛生学 医療安全管理学栄養学食品化学 医療情報システム科目 医療情報学概論医療統計学医療経営概論放射線医科学概論 病院情報システム概説Ⅰ・Ⅱ医療経営戦略論医療マーケティング論 医療経営演習 情報科目 ICT入門コンピュータシステムⅠ・Ⅱプログラミング入門 JAVAプログラミング基礎演習Ⅰ・ⅡWeb技術基礎システム開発基礎Ⅰ ネットワークとセキュリティⅠ・Ⅱ情報社会論画像処理 メディアデザイン特別講義データサイエンス医療情報特別講義 医用工学科目 応用数学Ⅰ・Ⅱ電子工学Ⅰ・Ⅱ電気工学Ⅰ・Ⅱ臨床工学基礎実験 機械工学物性工学材料工学計測工学医用治療機器学 医用治療機器学演習生体計測装置学生体計測装置学演習 医用機器システム管理学医用機器学実習 生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ 演習科目 臨床実習ゼミナール卒業論文 学部横断科目 グローバルヘルスリテラシープロジェクトトライアル BIとビッグデータⅠ・Ⅱ

関連資格

◎臨床工学技士(厚生労働大臣免許) ◎第1種ME技術者 ◎第2種ME技術者 ◎医療情報技師 ◎MDIC(医療機器情報コミュニケータ)

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ