[ 医療情報学部 ]

医療情報学科

学科コラム

Column 01

医療を現場で支える手応え

病院で医師や看護師とチームを組み患者の治癒・回復をサポートすることに魅力を感じる人には診療情報管理士やメディカルクラーク、医療情報技師、病院事務、院内システムエンジニアといった仕事が向いています。電子カルテや診療報酬請求事務など仕事に直結する知識を蓄えるとともに、作業をスムーズに遂行するためにコンピュータを使いこなす技術を身につけましょう。診療情報管理コースがお勧めです。

Column 02

医療を側面から支える面白さ

病気になる前に防ぐ、健康を維持する、日常を通じて人々の身体のケアに役立ちたいという人には、予防医療の観点から機能性を持った健康食品の研究開発や正しい摂取の仕方をアドバイスできるドラッグストアなどのスタッフなどが向いています。臨床医学はもとより、食品化学、栄養学、医療統計など食と健康の関連を見極めるための知識を中心に学習しましょう。健康情報科学コースはそうした学習を展開しています。

Column 03

医療を縁の下で支える誇り

今やICTは病院の必須アイテム。そのシステムを開発・運営・保守・サポートするエンジニアは大切な役割を担う存在であり、大きなやりがいがあります。近年では多くのICT企業が医療関連のシステム開発に熱い視線を送っており、医療分野に特化して技術力を高める企業もあるほど。また、運用・保守を重視して病院が独自にエンジニアを雇用するケースも。医療情報エンジニアコースは即戦力として求められる人材を養成します。

チーム医療スタッフとしての位置付け

臨床工学技士の主な仕事

人工心肺装置
心臓手術の際、心臓や肺の代わりにその働きをする装置(人工心肺)を操作・管理します。
血液浄化業務
体内の老廃物を排泄・代謝できなくなった患者に、その機能を代替する装置の操作を行います。
呼吸治療業務
肺の機能が低下し、呼吸が不十分な患者に呼吸を代行するための人工呼吸器を装着します。
ペースメーカ
不整脈を持病とする患者にペースメーカや除細動器の植え込み・管理を行います。
心臓カテーテル
心臓手術のための検査として機器を操作し、その記録をコンピュータで管理します。
手術室業務
手術が円滑に安全にできるよう、大小数々ある機器を操作および保守・点検・管理します。
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ