[ 医療情報学部 ]

医療情報学科

学びの特徴

医療の仕事に魅力を感じる人、ICTに興味がある人、
2つの職域で活躍できるメリットがあります

現場を熟知する医療の
プロフェッショナルがずらり

医療の教授陣も本格派ぞろいです。病院の診療情報管理室で管理職を務めたベテランや、事務長として医療機関のマネジメントに携わってきたプロフェッショナル、研究者として長く専門領域を追究しながら今も現場と厚い信頼関係を保つスペシャリストらが指導するので、その中身の質の高さは言うまでもありません。理論に偏ることなく、目先のスキル獲得に留まることなく、真に役立つ能力をしっかり身につけられます。

実際の仕事環境と同等の実習環境がバックアップ

医療分野に関して、スキルアップを支える実習環境は重要と考え、学内でシミュレーションできるリアルな場を用意しています。代表的施設は医療情報センターにあるバーチャルホスピタルです。ここには病院と同様の受付カウンターや、診療情報管理室を再現したコーナーがあり、実際の仕事をイメージしながら緊張感を持って学ぶことができます。

本学が誇るベテラン教授陣がICTをわかりやすく指導

ICT(情報通信技術)に関して本学が強みを発揮するのは当然のこと。コンピュータに自信がないという人には一人ひとりのレベルに合わせて初歩から着実にステップアップできるよう指導していきます。一方で、エンジニア志向の学生には本学が誇る実務経験豊富な教授陣がシステム構築やプログラミングなど意欲に応えて広く深く指導します。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ