[ 医療情報学部 ]

医療情報学科

学科概要

医療情報専攻

ICTプラス医学・医療の学びで、
一段と広がる将来の選択肢

本学が長い時間を掛けて蓄えた質の高いICT(情報通信技術)教育に、医学・医療の学びをプラスさせたのが医療情報学科・医療情報専攻です。
今、医療の分野ではICT化が急速に進んでいます。膨大な診療データを的確に分類し、診察・治療に役立てられるよう検証したり、迅速な事務処理で医療サービスの質の向上を図ったり、食生活と疾病の関連性を読み取って新たな健康関連食品を開発するなど、ICTの力はさまざまな場面で活用されています。当然、医療の現場ではICTを使いこなせる人材が求められ、現場を支えるICT業界ではより質の高いシステムを提供しようと医療に詳しいエンジニアの確保に躍起になっています。医療情報専攻は、まさにそうした「期待される人材」を養成するステージです。

社会はますます医療・食と
ICTの結びつきを強化

高齢化を背景に、人々は健康への関心を高め、医療に質の高いサービスを求めるようになるとともに、自分の健康は自分で守るという意識を持ち始めています。そうした中、 “選ばれる”ために病院はこれまで以上にICT化を進め、健康食品産業は商品開発に力を注ぎ、ICT企業はシステム開発を競っています。現在順調に成長を続けている医療・食とICTのマーケットが今後ますます大きくなるのは間違いありません。

診療情報管理士、健康食品管理士、
エンジニアの道も

3つのコースでは、それぞれの目標実現に向けた教育体制を整えています。「診療情報管理コース」では、道内大学で唯一「診療情報管理士」が取得可能。この資格があれば医療機関では医療情報管理のエキスパートと認められ即戦力として迎えられます。「健康情報科学コース」では「健康食品管理士」が取得可能。有資格者は食の安全・安心を守る専門家とみなされます。これと併せて「登録販売者」(一般用医薬品販売が可能)を取得すれば、ヘルスケア関連業界への就職の道がぐっと広がります。「医療情報エンジニアコース」は医療と並行してICTを学び「基本情報技術者」資格を目指します。医療に強いICTエンジニアという現代社会で強く求められる貴重な存在になることができます。

専門領域を深めつつ
幅広い知識の獲得も可能です

いずれのコースを選んでもどちらの領域の科目を履修可能で幅広い知識を身につけられますし、多くの資格取得を目指すことができます。

臨床工学専攻

人の生命・健康を守る大切な役割に手応え

臨床工学技士は一般になじみの薄い仕事ですが、実は現場で患者とふれあう機会は少なくありません。例えば、臨床工学技士は現在数十万人いるといわれる腎不全疾患の患者への人工透析(血液浄化)を行ったり、ペースメーカの植え込み手術および術後のサポートで患者に関わります。
医療に携わる者のほとんどが患者の回復する姿にやりがいを感じるように、臨床工学技士もその手応えを十分に得られる仕事です。

国家資格者として
高い評価とメリット

仕事に就くのに国家資格の取得が義務付けられていますが、それは、それだけ大切な仕事と認識されているからです。医師や看護師、薬剤師などと同様です。考えようによっては、資格を取得すればそのメリットは大きく、就職に困ることはほぼないほか、転職や、休職からの再就職などもスムーズです。

これから臨床工学技士に
本当に求められる力が身につく

本専攻では専門性の高い臨床工学や医学といった医療分野を指導する一方で、本学ならではのICT教育も行います。AI、IoT、ビッグデータなどテクノロジーは急速に進化し、医療に関してもその知識や技術を無視できない状況となっており、そうした時代に対応する新しい力を持った人材が現場では求められています。これに対応できるのはこの専攻の大きなアドバンテージです。本学が蓄えてきたICT教育のノウハウを最大限に発揮して、これからの時代にマッチした臨床工学技士を養成します。

国家試験突破に向けた
丁寧なサポート

カリキュラムは、4年修了時に受験する臨床工学技士国家試験に向けて、着実に力がつくよう考慮して構成しています。物理・数学・生物といった基礎科目から学習を始め、解剖学や生理学といった臨床医学に関する医学系科目、医療機器に関連する電気・電子の工学系科目へと進みます。実験実習に関しては、学内での取り組みに続き、病院での臨床実習を行い、臨床工学技士への心構えと実践的経験を養っていきます。あわせてICT教育、および人間性を豊かにすることを目的とした語学や人文学を学んでいきます。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ