学科概要

基礎を整えてから応用へ確実にステップアップ

1年次に日本語力、論理的思考力、数的処理力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力といった基礎力を育成。入学時点およびそれ以降も、専攻・コースを選択する必要はなく、2年次から専門科目(コース推奨科目)を学ぶことで、学びを応用展開します。 また、4年間を通じて、ゼミナールを軸にした学びを展開。さらには独自に開発したeラーニングシステムを活用し、学生一人ひとりが確実にステップアップできる環境を整えています。

ゼミナール

1年次から「自己発見ゼミナール」を開講し、専門分野を学ぶ意義などを確認。2年次には各自が主体的に取り組む「プロジェクトゼミナール」、3年次からは専門領域を掘り下げる「ゼミナール」が行われ、コミュニケーション力や思考力を強化して4年次の「卒業研究」につなげます。

eラーニング

カリキュラムに対応した初級・中級・上級のオリジナル教材を学内サイトに用意。学生各自の力に応じて、コンピュータと対話しながら学びを進められるようにしています。授業で理解しきれなかった内容や、もっと知りたい内容などを自分のペースで確認することができます。

4年間の学びの流れ

アドミッションポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、高等学校等での学びや諸活動、資格・検定試験等で得た基礎学力、基礎知識、語学力、読解力、論理的思考力及び主体的に学ぶ意欲等を身に付け、本学の先端経営学科の経営とシステムの専門領域に興味・関心を持った学生を求めています。 また、本学入学後の学びや諸活動を通して、次のような能力を身に付けられる学生を求めています。



●学ぶ意義を理解できる人
●生涯にわたり常に社会の動向を意識し、経営と情報技術との関連性からマネジメントの課題に関心を持ち、主体的・持続的に学ぶことができる人
●IT社会における高度な情報技術と経営の専門知識を活用して経営課題を解決し、豊かな社会の実現に寄与できる人
●異文化を理解し、国際感覚に優れた人
●市民としての倫理観と自覚を持ち、社会に貢献できる人
●多様な意見や資料から必要な情報を収集・選択し、自分の考えを的確に表現でき、周りに感動を与え、行動を引き出すことができる人
●IoTなどの情報技術を活用して自ら進んで経営課題を解決し、地域の活性化や街づくりなど幅広く社会との連携を深めてビジネスを創造できる人
●物事を幅広い視野からとらえ、論理的思考を備えることができる人
●情報社会において必要とされる豊かな自己表現力を備えることができる人