[ 経営情報学部 ]

先端経営学科

学科概要

ITビジネスの時代に
真に役立つ力を身につける

先端経営学科が育成するのは、ITをビジネスに応用することができる人材です。理論としての経営学や経済学、会計学、法学などをベースに、実際にマーケットで展開されているデジタルビジネスについて、その構築のノウハウと可能性を学びます。さらに世界の人とモノがつながるインターネットについての理解を深め、その活用によって可能になる海外進出に向けて英語力を養います。授業は実践的で、例えば新事業の立ち上げに際して必要な知識や手続きはどういったものか、企業のトップはどのような思考プロセスに基づいて判断を下しているか、実例を題材にしながらリアルに研究していきます。

起業や経営コンサルタントも視野、
学びの先に見える可能性

実践的な授業が数多く用意されている先端経営学科ですが、学びはこれだけにとどまりません。教室で理論を学んだあとは学外へ飛び出し、企業や自治体とタイアップした実践的なプロジェクトに挑戦します。企業や地域が抱える問題解決に取り組み、学生ならではのアイデアを提案します。ビジネスの現場を体験することにより、将来、起業を目指す学生や経営コンサルタントを志す学生も増えています。

注目、AIビジネスの知識を
将来の武器に!

ビジネスの最先端で急速に進んでいるAI(人工知能)活用。これに対応したゼミナールも開講しています。AIを開発するのは難しくとも、上手く使うことは文系学生でもできます。まずは現状のAIビジネスを理解し、その有利性と可能性を学び、AIの事業活用能力があることを証明する「G検定」(日本ディープラーニング協会)合格を目指します。将来起業したいなど大きな夢を持つ人に未来を開きます。

応用展開のための土台を確立してから
専門領域へ

専攻は2年次になる段階で選択します。1年次はその土台となる日本語力、論理的思考力、数的処理力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力の育成に主に取り組みます。情報の価値を見極める力を獲得する、物事を幅広い視野から考える、論理的思考力を鍛える、クリティカルシンキング(批判的思考)を磨く科目もあります。異文化を理解し、国際感覚を育成する科目は4年間継続して行います。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ