学科コラム

PROJECT & TOPICS

ETロボコン、本学科チームが地区エントリー部門で準優勝!

走行体(ETロボット)をいかに速く、思いどおりにコースを走らせられるかを競う「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト」。社会人や学生の組込みシステム開発スキルの向上を目的とした大会で、学生にとっては社会人との交流を通じ、実践的な開発を体験できることも特長です。コロナ禍の2021年大会は前回に引き続き、シミュレータを用いたオンライン競技となり、参加者はプログラムと設定ファイル、あわせてプログラムの設計書であるUMLモデルを提出。シミュレータでの走行タイムとモデルの調和平均によって総合順位が決定されました。本学科・棚橋二朗准教授のゼミ生チームは、北海道地区エントリー部門において競技部門2位、モデル部門1位を獲得し、総合準優勝という成績を収めました。

PROJECT & TOPICS

学生が学内ネットワークの管理アプリケーションを開発

学内ネットワークにおける学生・教職員の認証情報を管理するWebアプリケーションを要件定義や設計から開発。責任感をもってプログラミングする経験を積むよい機会となりました。

PROJECT & TOPICS

リアルタイムで順位判定できるシステムを学生が開発・提供

無線機などを使ってチェックポイントを探すオリエンテーリングの一種ARDF(Amateur Radio Direction Finding)。その全国大会が北海道で開催された際、本学科・中島潤教授のゼミ生3名がゴール順位をリアルタイムで判定するシステムを開発しました。非接触のICチップと連携する電子デバイスシステムを用いたもので、手作業で集計していたスタッフの負担を軽減するなど好評を得ました。