学科概要

専攻・コースの枠を超え自由に学べるカリキュラム

学生各自が4年間の学びをデザインする目安として、2専攻・4コースを設定。ただし、入学時点およびそれ以降も専攻・コースを選択する必要はありません。1つのコースに軸足を置いて学ぶことも、興味・関心に合わせて幅広く学ぶこともできるよう、すべての科目を自由に履修することができます。 1・2年次は基礎科目を、3・4年次(一部は2年次)から専門科目(コース推奨科目)を学びます。



4年間の学びの流れ

アドミッションポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、高等学校等での学びや諸活動、資格・検定試験等で得た基礎学力、基礎知識、語学力、読解力、論理的思考力及び主体的に学ぶ意欲等を身に付け、本学のシステム情報学科に興味・関心を持った学生を求めています。 また、本学入学後の学びや諸活動を通して、次のような能力を身に付けられる学生を求めています。

●学ぶ意義を理解できる人
●グループで議論や活動ができる人
●ネットワーク、セキュリティ、データベース、システム開発技術などに関する知識や技術を有し、企業、インターネット、スマートフォン向けなどの情報システムの開発に従事できる人
●人工知能、機械学習、データ解析などの知識を有し新しいビジネスを提案できる人
●宇宙開発や宇宙情報利用およびそこで必要な高品質、高信頼性ソフトウェアの開発に関する基礎的な知識や技術を有し、社会の様々な分野で必要とする高信頼性ソフトウェア・システムの開発に従事できる人
●情報技術を利活用して社会の各分野で貢献できる人
●情報や数学において教員として従事できる人
●異文化を理解し、国際感覚に優れた人
●市民としての倫理観と自覚をもち、社会に貢献できる人
●自分の考えや提案内容をわかりやすく説明できる人
●情報技術を利活用し、専門知識(システムエンジニア、情報科学、宇宙情報に関する知識)を生かして、課題を発見し解決できる人
●物事を幅広い視野からとらえ、論理的思考を備えることができる人
●情報社会において必要とされる豊かな自己表現力を備えることができる人