大学院

HOME > 大学院 > 修士論文・特定課題研究評価基準、学位審査

北海道情報大学大学院経営情報学研究科(修士課程)
修士論文・特定課題研究評価基準、学位審査について

1.修士論文・特定課題研究評価基準

下記(1)~(6)の評価基準すべてについて、修士論文又は特定課題研究(以下「学位論文等」という。)として水準に達していると認められるものを合格とする。

  • (1)研究テーマの適切性
    • 研究目的が明確で、課題設定が学位論文等として適切になされていると判断されること。
  • (2)情報収集の度合い
    • 当該テーマに関する先行研究または類似研究についての十分な知見を有し、立論に必要なデータや資料の収集が十分に行われていると判断されること。
  • (3)研究方法の適切性
    • 研究の目的を達成するためにとられた方法が、データ、資料、作品などの処理・分析・解釈の仕方も含めて、適切かつ主体的に行われていると判断されること。先行研究または類似研究に対峙し得る発想や着眼点があり、それらが一定の説得力を有していると判断されること。
  • (4)論旨の妥当性
    • 全体の構成も含めて論旨の進め方が一貫しており、当初設定した課題目標に対応した、明確かつ独自性を有する結論が提示されていると判断されること。
  • (5)学位論文等の構成
    • 次の各項の要件を満たし、全体を通じて学位論文等としての体裁が整っていると判断されること。
    • ア.学位論文等の題目が適切であること
    • イ.研究の背景が記述され、研究の目的が明確に示されていること
    • ウ.研究方法が記述されており、目的に沿った方法であること
    • エ.結果が図表等を用いて適切に示されていること
    • オ.考察が結果に基づいて適切に導き出されていること
    • カ.目的に対応して結論が適切に導き出されていること
    • キ.引用文献が適切に用いられていること
  • (6) 研究者倫理
    • 研究活動、学位論文等及びその発表に関して、適切な倫理的配慮がなされ、研究活動における不正行為がなされていないと判断されること。

2.学位審査体制・方法

  • (1)審査体制
    • 主査1名及び副査2、3名程度により構成される審査委員会により審査が行われる。
  • (2)審査方法
    • 主査及び副査により構成される審査委員会による学位論文等の審査、および筆記又は口述によって行う最終試験の結果によって可否(合否)を決定(判定)する。なお、最終試験は以下の観点について、学位を授与するに十分な水準に達しているか審査する。
    • ア.学位論文等に関連する知識の有無とその水準はどうか
    • イ.試問に対して明確かつ論理的に回答しているか
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ