お知らせ

HOME > お知らせ > 北海道警察と北海道情報大学が初コラボ 学生が「自画撮り被害」防止啓発動画を制作

北海道警察と北海道情報大学が初コラボ
学生が「自画撮り被害」防止啓発動画を制作

情報メディア学部の学生有志11人が北海道警察の依頼を受け、子どもにわいせつな画像を撮影させる「自画撮り被害」への注意を呼びかける15秒の動画を制作しました。

作品は女子高校生がSNSで知り合った男から下着姿の写真を送るようせがまれ、警察官に抑止されるという内容で、現役の女子高校生や現職の警察官が出演しています。企画・撮影・編集など制作は情報メディア学科で映像の専門的知識を学んでいる学生たちが行い、趣旨に賛同した全員がボランティアで参加し、約半年をかけて完成しました。
8月6日には北海道警察から本学へ感謝状が贈呈され、監督を務めた小俣一希くん(情報メディア学部4年)がチームを代表して受け取りました。

作品は、YouTubeの道警公式チャンネルで公開されているほか、札幌狸小路商店街や札幌駅前通地下歩行空間など札幌市内6ヶ所の屋外ビジョンで放映されます。

スクリーンショット 2020-06-24 22.31.36.pngYoutube視聴リンク

(スタッフクレジット)
*数字は制作当時の学年
出演:小黒愛、飯塚進也、石崎隆之
プロデューサー・監督:小俣一希(3) 
助監督:酒井幸穂(3)、武内奈緒子(2) 撮影:木村洸(2)、三好健太(2)
照明:成田琉夢(1)、安藤翼(2)、録音:宇野裕貴(2)、
制作・美術:竹田花菜シェルパ(3)、編集・カラー:小俣一希(3)
ヘアメイク:村田静音(札幌ビューティーアート専門学校) 
画像協力:野澤祐聖(3)、酒井幸穂(3)、川内谷快人(3)
エグゼクティブ・プロデューサー:島田英二(情報メディア学部准教授)



IMG_0433.jpeg IMG_0460.jpeg _K0A8592.jpg _K0A8652.jpg _K0A8686.jpg 1MG_8353.jpg
カテゴリー
月別アーカイブ
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ