お知らせ

HOME > お知らせ > トピックス > 飯島藤十郎食品技術賞を受賞

飯島藤十郎食品技術賞を受賞

本学健康情報科学研究センターが食の臨床試験で機能性を評価した「ガセリ菌SP株(Lactobacillus gasseri SBT2055)」に関する研究開発について、2019年4月22日、研究委託企業である雪印メグミルク株式会社と本学を含む研究グループが2018年度『飯島藤十郎食品技術賞』を受賞しました。
この『飯島藤十郎食品技術賞』は、公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団より、食品の技術開発において優れた業績をあげた研究者又は研究グループに授与されるものです。

今回受賞対象となった「ガセリ菌SP株」を含む食品は、健康の維持促進に資する食品として既に販売されています。

受賞概要は、以下の通りです。
(1)主催団体と賞:公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団『飯島藤十郎食品技術賞』

(2)受賞研究:「Lactobacillus gasseri SBT2055株の腸管を介した保健機能研究とその産業利用」

(3)受賞者(敬称略):
雪印メグミルク株式会社 門岡幸男、小川哲弘、髙野義彦、守屋智博、酒井史彦
北海道情報大学 西平 順
北海道大学 宮崎史昭
よこはま土田メディカルクリニック 土田 隆
九州大学 佐藤匡央

20190422_飯島藤十郎食品技術賞賞状.jpg
カテゴリー
月別アーカイブ
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ