お知らせ

HOME > お知らせ > トピックス > 観光情報学会の研究発表優秀賞を受賞

観光情報学会の研究発表優秀賞を受賞

 2019年6月29日(土)〜6月30日(日)に米子コンベンションセンター BiG SHiP(鳥取県米子市)で開催された観光情報学会第16回全国大会において,本学教員(斎藤一教授)が講演を行いました。
 また,同全国大会において,昨年度(2018年度)1年間を通して観光情報学会において行われた研究発表の中から優秀な研究に授与される『研究発表会優秀賞』を本学教員の杉澤愛美講師が授賞したことが報告されました。

観光情報学会第18回研究発表会 優秀賞

AIデジタル顔はめパネルを用いた観光地プロモーションイベントの実施と評価

○杉澤愛美,斎藤一,長尾光悦,安田光孝,向田茂,
観光情報学会第18回研究発表会講演論文集,pp.31-34, 2018.11.

観光情報学会 第16回全国大会 in 山陰 プログラム

http://labs.eecs.tottori-u.ac.jp/sisy-sti/sti2019/#sess1A

本学関連講演
A1-1 観光入込客数調査のための口コミデータ分析の活用の可能性
○宋爽(北海道大学), 山下倫央(北海道大学), 川村秀憲(北海道大学), 内田純一(小樽商科大学), 斎藤一(北海道情報大学)

A4-2 デザインマンホールを題材とした北海道の地域学習に関する研究
○斎藤一(北海道情報大学), 向田茂(北海道情報大学), 福光正幸(北海道情報大学)
IMG_5888s.jpeg

カテゴリー
月別アーカイブ
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ